新着Pick
601Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NHK入社後も副業する理由について
#NewsPicksのインタビューで赤裸々に語りました。

NHKは意外とホワイト企業で
自分の時間を作れるかもしれないという希望を持ちながらも
これは先輩方の理解があるからであって、ありがたさと
副業の難しさを感じてます。

めちゃくちゃ本音で語りました。
本音で語りすぎて、私はあまり得しないし
むしろ損します。

でも、今副業を声高らかにうたう人に、
ちょっと待った!と
メスをいれる必要があると思い話しました。

副業して1カ月しかたっていません。
まだまだ新米のディレクターです。
どこまでできるかは分かりません。

でも泥臭くて、難しいけとだけは分かったので
それを率直に語りました。

理論的に、理想として
副業やプロボノは実践すべきだとおもうので
現実を見つめながら、私は挑戦していきます。

実は笑下村塾の活動も、
プロボノと副業でなりたっています。

たかまつななのクラウド営業部
https://lounge.dmm.com/detail/494/

オンラインサロンのメンバーに
たかまつななと笑下村塾のマネージャーとして
ブランディング、営業、新規事業を立ち上げていただいてます。

一律で、売り上げの2割をお支払いしています。

主婦の方がビジコンで優勝したり、
個人事業主の方と一緒に社団法人作ったり
いろんなことやっています。

ぜひお力添えください。
主権者教育一緒に広めてほしいです。
このひとの言ってること、めちゃ芯をついてるなぁ。とても勉強になったのでメモ


■副業は個人にとってメリット大。差別化をすることでブランディング

"どういう言葉が若者の興味をなくすのかなど、私は経験から既に分かっているので。お笑い芸人としても、政治と掛け算することで、他の芸人との差別化になります。"
→個人が主役の時代では、個人の「タグ」づけ合戦、個人のブランド勝負。いかにタグの掛け算しながら、それによって人脈広げて行けるかが大事。例えばランサーズでもマジシャン×翻訳の掛け算でブランディングしている人とかいます。


■副業やる上で本業は絶対にないがしろにしない

"例えば、やむを得ず、本業と副業でダブルブッキングしてしまったときでも、「副業の講演があるから、本業のその仕事には行けません」と言うのではだめです。責任を取って、「代わりにこの人を行かせます」とか「在宅で作業します」と返すべきだと思います。"
→これ、本当にそうだと思います。自由と責任はセット、ではないけれど、うまく本業と副業の「おいしい共生関係」をつくるための基本思想ですね。というか、パラレルワークとマルチタスク、マルチタスクとプロジェクトマネジメントは、ベースとして必要な心構えは一緒だと思います。


■副業を急に広げていく動きは危険

"一部の、副業がうまくいっている人は、時間じゃなくてスキルを売っているんだと思います。でも、今の日本にはスキルを持っている人って、そんなにいないですよね。"
→これ、残念ながら真実なんでしょうね。時間の切り売りだけではない副業が広がって行くために、そういうスキルを持った人がもっと増えていかないといけない。ただ、AIが広がっていった先には、時間の切り売りによる労働の割合が減っていくから、結果として、(必要に迫られる形とはいえ)増えて行くと思っています。


■副業やるならプロボノからが良いのでは?

"これは私の個人的な思いですが、副業をやることに、お金以外の意味があってほしいんですよね。"
→自分もそう思います。日本とアメリカで比較すると、副業含めたフリーランスをやっている理由の1位が、日本では自分らしい生活、アメリカでは家計の補助と違っている。お金以外の意味で仕事できている人はくじけない。実際にプロボノで副業をしている身としてもすごい実感値あります。
多くの勤務医は週1~2日程度自分の勤務する病院以外で外勤をしていますが、クリニックでの外来など基本的にはその場で完結の副業です。またテレビ局のアナウンサーが週末に受ける結婚式の司会なども、時給の高い副業1.0です。

この種のスキルを売る仕事で、その場で完結というパターンは本業を圧迫しないんだと思います。訪問時間は週末だけでもメールや電話は平日の業務中によくくる。現場でみていると、皮肉にも上記のような昔ながらの副業より、トランジション(=変身)にかかわる今風の副業2.0の方がストレス度合が高いように思います。

「新しい副業の在り方」にも光の部分だけではないので、その辺りをどうバランスするか。これから色々な知見が生まれることを期待したいと思います。
入社1ヶ月で「副業を成功させるコツは?」みたいなこと語っちゃって大丈夫かな、と大変心配ですが、特に後半の内容は面白いしその通りかと。きちんと副業が成立するのは何らかのスキルがある人だけ。むやみやたらにみんなに広げると、易きに流れて「手抜き合戦」になる可能性があるというのはそうだろうと思うし、経営側から見ても人材流失につながりやすく踏み込みづらい、ってのも重要な論点。「認めないと、多様な働き方を求める優秀な人を確保できなくなる」みたいなロジックもあり一理はあるが、まだまだそのデメリットを強く感じられるほどではないですよね
入社前は息巻いていても、実際会社に入ってみると、かなりハードワークで副業なんてとても無理という友人たちもたくさんみる。いまの日本企業で副業は実際しんどいよねというのは、本当にその通りな指摘。
お嬢様芸人として知られるたかまつななさんは、今春NHKに入局。副業を継続されるそうで、その極意や効用について聞きに行きました。すると、副業は同僚の反感を買って当たり前だし、一気に広がってはいけないと本音が炸裂! その真意とは? 
逆説的だけど、副業をしたい人は本業で自分の生産性を向上する努力をした方が、結果的に(環境的にもスキル的にも)副業しやすくなると思う。
「今副業している人たちのほとんどはある程度優秀で、会社で白い目で見られないよう、本業で成果を上げようと努力しています。でも、全員が副業するようになると、その緊張感がなくなり、むしろ“手の抜き合戦”になってしまうんじゃないかと思うんです。下を見て合わせていくのが人間なので。本業の会社は基本給と経費をもらえるから在籍しておいて、副業は楽しいからする、みたいな。(中略)一部の、副業がうまくいっている人は、時間じゃなくてスキルを売っているんだと思います。でも、今の日本にはスキルを持っている人って、そんなにいないですよね。」
「自分は特殊な状況で副業できているだけで、ほとんどの人はできないことを分かっているはずです。」

本当にその通りだと思うんです。同じ業で二ヶ所で働くんじゃ単なる長時間労働で副業じゃないと思うし、違う業が相当プロじゃないとお金にはならないし。
NHKディレクターの友人の働き方を見ていると、副業はしんどいと思う。

一度番組制作に入ると徹夜の連続でほとんど家にも帰れない。

しかも転勤が多い。

久しぶりに家に帰ったら、ワンオペ育児でげっそりしたカアちゃんが包丁持って玄関で待っていた、なんて怖いエピソードも多数。徹夜×転勤のWパンチで、健全な私生活を送れない。

とはいえ、変わらなきゃいけないのはたかまつさんではなくて、NHKの方。こうやってメディアでPRすることで、NHKの常識に巻き込まれないよう自己防御するのは賢いと思う。お嬢様、意外としたたか(笑)
部活動をはじめとする学校の業務(外部化できそうな業務)も,自営業者やボランティアだけでなく,民間企業や公務員の副業によっても支えられるようになるとよいのにと思う。ただし記事にあるとおり,「副業が一気に広がるのはまずい」。部活動でいうと,根性論の指導者が次々と参入してきてもらっては困る。質の確保が重要。
この連載について
マルチステージライフ時代──。1つの職業を続けるだけで100年人生を生き抜くのは困難と言われる。そこで有効と思われるのが、副業・兼業などをしながら、スキルの複線化をはかることだ。パラレルワークで複線キャリアを形成した先達、あるいは副業を解禁した企業を取材することで、人生100年時代をサバイブしていく方法を模索してゆく。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア