新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

348Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アーリーステージのベンチャーに投資するVCとして、日々「お見合い」を繰り返している宮田さん、なかなかオフィスにもいらっしゃらないということで、日本への出張前にキャッチしました。

どう「相性のいいお見合い相手」を探すのか、というところで、電話で聞いて実際に会うところまでいっても、5分で「ここは違うな」ということがわかったりすることもあるそうです。そうなると、すふにそれをきちんと伝えて「さようなら」とお断りするとのこと。

話はちょっと変わりますが、投資を「どう断るか」について。
取材で会った別のVCの方は「今回は投資を見送るよ、でも僕たちはFacebookも逃してきたからね」と断ったりするのだとか。

Facebookのように大化けするものもみすみす逃したから、我々が間違っていることはあるからね」というのがメッセージで、起業家の心象も悪くさせずにNoをいう方法だということです。

それにしても1週間で100社とは、ものすごいです。
シリコンバレー支局が立ち上がったNewsPicsさんにインタビューしていただきました。こういう角度で我々の日常の仕事の仕方を書いてもらったのは初めてかもしれません。シリコンバレーとかVCとかにご興味あるかたはぜひ。
スクラムベンチャーズは、最近になってパナソニックと合弁会社を作って新しいビジネスを模索したり、任天堂と一緒になって未来のゲーム産業をつくるための公募プロジェクトをやるなど、非常に興味深いプロジェクトも次々と発表しています。

そんな宮田さんが、ぜひ今後もシリコンバレーで「俺は日本人だ!」と名乗っていけるような、日本に変貌するべきだと再認識しました。

またシリコンバレーにおける時間の使い方、一週間で100社をチェックしても、それでも見きれない企業の数などについては、現地の息遣いが感じられて面白いインタビューでした。
VR Fund($50M)、gumi Cryptos($30M)のファンドをSFで運営してて思うのは、起業家の質と量が段違いに凄いので競争環境は日本の比じゃない。一方、投資家としては、日本やアジアエントリーのサポートという現地の投資家にないバリューアドができるので比較的有利だと思う。現地の良いネットワークに入り込むためには、逆に日本やアジアでの地盤を強固にすることが重要。
非常に参考になるお話、ありがたいインタビューです。

また、シリコンバレーのダイナミクスが図抜けたものである感じもします。そこに比べればブラジルなんて本当に牧歌的。

VCも特徴がないと投資できない。そして日本軸は必ずしもそれほど魅力的でないというところは共通項かもしれません。

しかしYコンビネーターはすごいですね。私の投資先にもYコン参加企業が一社いますが、ものすごいインパクトでした。VCとしてはかくありたい感じです。
時間の浪費が最大の悪、文化。
会いたがりの日本と大違いですね。

松重豊のSansanのCMで、「それさぁ早く言ってよ~」というセリフが印象的ですが、かなりスケジュール調整で各所時間かかったのに、出会って5秒で内容が分かったりするとき、
「それさぁ早く言ってよ~」状態に。
ハンコ、会議、直接の提出、30分しか時間ないのに名刺交換行列…日本は難しい。
もちろん、リアルに会うからのメリットや意味合いも沢山あります!
が、早く言ってよー案件は、別の手法で早く処理したいものです。

一ヶ月で使い切る香水を定額制で届けるベンチャー最高!
高い割に使い切った事ないです。
VCもベンチャーもあまたあり、互いに特徴を出す必要性を感じる。
ソフトバンクのVCがシリコンバレーのVC事情に変化を生んだそうです。

暗黙のルール、「起業家たちの時間をリスペクトすること」。
これはVCだけでなく取引先や協業先となる日本企業に是非持ってもらいたい。
いま非常のホットな分野は、コンスーマー向けのeコマースでしょうか。私たちもたくさん投資していますが、例えばファッションでも、女性向けの下着や香水などの分野で、異常に伸びている企業があります。
週に100社をチェックするってすごい量ですね。ベンチャー企業もお金を出してくれるならどこでもお願いしますという感じではなく、お金だけでなくプラスアルファを求めていて、お金を出してあげるなんて感覚でいたら、どこも投資を受けてくれないんだなという印象です。
>シリコンバレーの礼儀としては、起業家たちの時間をリスペクトすること。できる限り短い時間で、イエスならイエス、ノーならばノーとはっきり答えることが礼儀です。

米国と日本の最大の違いの一つの例。

米国人は短距離系。
日本人はマラソン系。
この連載について
アップルや、グーグル、フェイスブック、ウーバー ー 破壊的なテクノロジーやビジネスが10年サイクルで生まれているアメリカ・西海岸のシリコンバレー。革新がこの地で生み出されるのは単なる偶然ではない。なぜシリコンバレーがシリコンバレー足りえるのか、そこには"キーマン"たちの人脈が大きな意味を持っている。革新の遺伝子はどう受け継がれているのか、これを知れば日頃のニュースが数倍楽しくなる、禁断の解体書。