新着Pick

IoTによるイノベーションとリスク。2人の研究者が語る未来

ニッポン、グローバル人材のリアル:朝日新聞デジタル
176Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
市場ではスマートスピーカーやスマートホームが盛り上がっていますが、IoTがキャズムを超えて人々の生活に入り込むためには、まだまだ課題が残されています。IoTの理想とはどのようなものなのでしょうか?今回インタビューさせていただいた丹先生はこんな風におっしゃっていました。

”極端に言えば、IoTの理想は「ユーザーが何もしなくてもいい」状態。例えば、Amazon社の「Dash Button」やGoogleのAIスピーカー「Google Home」が最近注目を集めていますが、若い人から高齢者まで誰もが使えるサービスかというと、決してそうではありません。ある程度のリテラシーが必要です。
アメリカでは富裕層向けのサービスとしてIoTの研究開発が進められていますが、日本のIoT技術がめざすべきは「電気が使える人なら誰でも使える」サービスだと考えています。”

IoTを進化させていくためにはデータが必要です。そのためにも、「電気が使える人なら誰でも使える」状態を目指すことは、真の意味でIoTがスタートラインに立つということかもしれません。
人気 Picker
IoTやってる者として。

いつも、意識させないで"できる"ように、とか簡単に"できる"ようにする話ばかりしている。

Internet of Things ものをつなげられる、って"できる"ことを言っている。

キラーアプリ、アイデアがないことが問題なのに。

もっと具体的なアイデアを議論したい

業績