新着Pick
382Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際に噂はあった。結局、吉林創業家が100%保有する持株会社が9.69%を買い進めたようである。ボルボ乗用車買収と同じ形態だ。貧困百姓出身の創業家がついに、ここまで来たのだ。
中国政府の関与や今後どこまでダイムラー経営に関与してくるかは不透明。しかし金額が金額なだけに中途半端なことでは終わらないだろう。気になるのは中国資本が今後多くの欧州自動車メーカーに関与を深めて行くことだ。これは止められないだろう。
ドイツ型ガバナンス構造が大きく変わって以降、ダイムラーは株主構成に苦労することが多かった。しかしこの展開はサプライズ。
ダイムラー乗用車/商用車の分離、中国でのパートナーとの関係など、大きな影響が今後生まれて行く。自動車関係者は目が離せない重大な展開である。世界の自動車産業は大激変が止まらない。


(ご参考)
日本の要となるトヨタ・グループがどういった戦略でCASEへ立ち向かおうとしているのかをテーマとした講演のチャンスを頂戴した。ご興味があるようならぜひ聞きにいらしてください。無料参加のようです。
https://www.r-agent.com/info/lp/general/044/001/
そこから行きましたか 必要なものを熟知してらっしゃる

そこから行った理由かも
https://newspicks.com/news/2844915
いよいよ日本の製造業最後の牙城への攻撃が開始されました。
欧米メーカーの技術が中国の国内メーカーに流れ込むのは確実で、10年後には「自力で勝った」と言っているかもしれません。

時流に反しているので、バッシングを覚悟の上で言わせていただきますが、日本人の老若男女は死ぬ気で頭を絞り、そして死ぬ気で働きましょう。
「ブラック企業上等!」という精神にこそ、日本の未来はあります。
これまで吉利が経営支配権を得たのは、スウェーデンのボルボ、英国のロータス。ギリギリで経営支配権はないものの49%をもっているのがマレーシアのプロトン。世界展開のための着実な布石です。
ダイムラーベンツについては、自動運転車やEVの技術提携を進めるだけでも、明らかな利益があるでしょう。
自動車産業、本当に「節目」。そう感じさせる、一報である。
日系自動車メーカーの幹部がよく「うちの時価総額が低いから、すぐに買収されてしまう」と冗談交じりで言っているが・・・。
以前、中国のある私有自動車会社(外資の出資を受けてない会社としては最大手)から、転職のお誘いがきたことがありました。

一度お断りしたのですが、そのあとも何回か打診がきてます。人事的な課題が複雑かつグローバル化しているのです。

経営人事コンサルタントとしての私のカウンターパーソンは、ほとんどのケースで経営者の方々でして、私にオファーをしてきてくれた中国企業のケースでも、人事課題は経営戦略直結でした。

色々とお話を伺っていくと、彼らの本当の悩みが何かということが分かって来ました。

詳細は書けませんが、結局のところ経営課題の多くは人事関係の戦略に起因しています。

株式はお金で買えますが、自動車会社という大組織運営のノウハウは、お金で買えないのです。どこにも売ってませんから。

出資をしたところで、ドイツ側企業は組織運営のノウハウを提供するとは思えません。

また、もし提供したとしても文化的、歴史的なバックグラウンドが違いすぎて、即座にアプライすることは出来ないでしょう。

そういう内情を知っているので、このニュース私は驚異をあまり感じることはなく、比較的楽観的に見てしまいます。
Daimlerの時価総額は約10兆円、そのうち約10%。Geelyの時価総額は約3兆円。中国の場合、連結関係が複雑で買い進めたのは創業者と報道されているが、そうはいっても大勝負。
Daimlerの大株主としては、クウェートのSWF(KIA: Kuwait Investment Authority)が6.8%、あとRenault/Nissanが3.1%。機関投資家・個人投資家含めた地域別ではドイツが34.5%。敵対的なことはしにくいと思う。
https://www.daimler.com/investors/share/shareholder-structure/

英語報道を見ると、Daimlerは適時開示で保有を確認しており、また広報は「新しい主要株主を歓迎する、とくにLi Shufu氏はDaimlerが良く知る中国の起業家で、その能力を高く評価している。一方で中国においては既にBAICと強固な協力関係がある」と伝えている(プレスリリースは見る限りない)。
https://bloom.bg/2BK3P77
ダイムラーベンツってドイツを代表する企業のイメージでしたが、調べたら現行の筆頭株主は7.6%保有してるクウェート投資庁なんですね。そして二位はルノー日産。
ドイツにたまたま本部がある多国籍企業...?
それにしてもドイツはここ数年中国ベッタリの印象です。
10%だけですし、上場企業なのでそこまでのビッグニュースでもなく、今後TOBを仕掛けてくるかのほうが注目です。
世界ナンバーワンブランドの筆頭株主とは…。

それにしても、メーカーばかり買い漁って大丈夫でしょうか?
巷では、「メーカーが消滅してIT企業になる」という噂もあります。

もう少し、ポートフォリオを考えるべきでは???
ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績