新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

366Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあほとんど陰謀論なのですが、私は意外とこういうの好きですよ。

例えばよくある軍産複合体というのがあるでしょう。
アイゼンハワー演説とか見ても、現実的にそういう圧力自体はあることは事実な訳ですが、しかし彼らが談合して影の政府を構成しているわけじゃなくて、単に個人や企業の利益で動いているだけな訳です。
ところが、それが巡り巡って実際に戦争を引き起こしたりするのが、世の中の因果です。

例えば、第一次世界大戦が起こった原因の一つに、兵器商バジル・ザハロフ、別名「戦争を売った男」の存在がよく挙げられます。
売春宿のオーナーだったザハロフは、ある偶然からイギリスの軍事大手ビッカーズの役員に就任。
ビッカースの大株主ロスチャイルド銀行と組んでイギリスの首相ロイドジョージに取り入り、ロスチャイルド銀行がイギリスの公債を買う代わりにその代金の半分を武器購入に当てる、という約束を取り付けたのです。

ザハロフは当時発明されたばかりの機関銃に目をつけていました。
ザハロフは機関銃の特許を持つマキシムを買収。イギリスのみならずヨーロッパ中にこの新兵器を売りまくり、更にドイツのクルップ、イギリスのアームストロング、フランスのシュネーデルと秘密カルテルを結び、相互に敵味方係りなく兵器を売りつけます。

この死の商人のカルテルは致命的でした。

対立国には相互に膨大な量の武器が流れ込むことになり、ヨーロッパの軍備拡張に歯止めがかからなくなったのです。
驚くべきことですが、戦争が始まった後でさえ、彼は敵であるはずのドイツやオーストリアにも武器を売りまくっていました。

こうして第一次世界大戦が始まる前には、ザハロフによって各国は戦争をせざるを得ない状況に追い込まれていたと言われています。

人類の歴史は陰謀ではなく、主に欲得と因果で動く、という例ですが、それだけに個々の全く関係ないように見える事象が、偶然一本の糸で繋がってしまい思わぬ事態を引き起こすこともよくあります。
そういう因果の糸によって結びつけられた事象を紐解くのは、とても面白いものです。

高城さんのお話には、その真偽はともかくとして、そういう知的ゲームのような感覚を感じますね。
1.0から2.0にいきなり飛ぶのではなく、1.1とか1.8とかを地道に埋めていくという思考が大事じゃないかと最近のなんでも.0や〜革命ワードの軽いつかわれかたを見ていると思います。政府が人づくり革命とか「革命」をスローガンにする違和感たるや、ドラゴンボールの必殺技かと思います。
新しい流れへの高城さんの視点は面白い。
==================
これからは強い個人があちこちから出てきます。すでに、地方紙の小さな記事より、インスタ女子のほうがはるかに影響力があり、今後「21世紀型リバタリアン」のような、自由を求める人々も増えると思いますね。スペインのカタルーニャが独立を宣言したように、国家内の自治区も次々にでき、もっと小さなサイズで、独自のコミュニティが増えてくる。その際、お金ではなく、価値観や趣味に基づいて人々は集まるようになると僕は考えています。ブロックチェーンなんて、その一端にすぎません。時代は、「個人2.0」に向かっています。
申し訳ないですが大部分は陰謀論ですね。
瀋陽軍区が云々という話に全く正当性がないことは中国軍事研究を横目に見ているだけでも分かると思いますし、そもそも中国が国防や安全保障をどうしようとしているのか、という肝心な視点を完全に見失わせてしまいます。
ほとんど陰謀論。。。
身近にもいるけど、陰謀論好きな人は全て世界はそれで回ってると思うから人の意見聞かないんだよねw
数年前に言ってたことと答え合わせしてみれば分かると思うけど。
読んで楽しむレベルがいいねw
おもしろいなあ。陰謀小説書いてほしい。
「強い個人の時代」になることは同意します。
しかし、それは「つながる集団の力」と背中合わせなんですよね。
世界には国家をも無視するツワモノ揃いがたくさんいるんだな。
物語をして読むのは面白い。

”キプロスに行くと、怪しい人間がたくさん歩いて南国っぽくありません。国家ぐるみのマネーロンダリング集積地としても有名な国...いかつい感じの2人の男が陸からちょっと離れたところで話していたら、それは何らかの「会議」をしている最中なのです”
怪しくていいですね。キプロスに対しては、ギリシャの近くなんだけどスキーもできるリゾート地くらいの認識しかなかった。見る目が変わりますね。