新着Pick
2049Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「雑誌のインタビューも、テレビ局の番組撮影の依頼も、ほとんど全てお断りしています。すみません」。それが中野社長にインタビューしたいと最初にお願いした時の、偽りのない、寺田倉庫さんからのお返事でした。

それでも幸運なことに、NewsPicksにインタビューをする機会をもらえました。私が個人的に興味をもったのは、台湾や中国の企業に飛び込んで、日本人として経営の腕をふるってきたキャリアです。プロの経営者として、高いプレッシャーと激しい競争にさらされた海外経験が、この寺田倉庫を「激変」させたパワーの根源の1つではないでしょうか。

中野社長の自宅はいまも台湾にあり、平日は飛行機で「通勤」をして、またおやすみの日には台湾に戻っていくという生活サイクルを繰り返しているようです。ルックスも行動範囲も、73歳にはとても見えませんでした。

またインタビューの最初に、経営仲間であったダイエー創業者の中内功さんや、ここでは名前を書いていない有名経営者たちが、いかにメディアから「時代の寵児」として持ち上げられ、そして表舞台から去ったかも語ってくれました。メディアで働くものとして、自らを問うことにもなりました。
これはすごい。備忘的にメモメモ
・立て直しでなく、新しい企業を作った
・将来的に抱えている必要がない資産は全て売る
・「トランクルーム」「文書保存」「不動産」のメイン3事業ともやる意味はない
・損はしていないが儲かってない事業を抱えて1000人の社員がいるのは正気でない
・新しい会社を作るのに1000人は多いし、倉庫内の作業だけ出来る人は不要
・売却すれば雇用は継続されるので売却
・天王洲の不動産を高付加価値化
 -原価の10倍で売れないと意味がない
 -アートやワインはただ保管するのでなく鮮度や状態を保ちモノの情報を活用する
 -BtoBは下請けになるのでBtoCに舵を切る
 -一新した最新設備、安全性と立地を活かして華僑の客を取り込む(ワインの3割)
・100億規模がちょうど良い。新しいことをやるには何かを売却
・オーナー家とも一切相談せずに断行
インタビューと執筆を担当しました。

特集取材をしていて、社員の方、関係者の方から、出てくる今の寺田倉庫のキーワードは、「圧倒的なスピード」です。「3ヶ月で普通なら1年かかることをやっている」と言う方もいました。

その圧倒的なスピードを引っ張っているのは、中野社長の感覚なのでしょう。直接お会いしてそんな印象を強く持ちました。

「ここまでやれば大丈夫」と「このスピードくらいでないと」と自分の中で持っている合格ラインをすごく明確に、人よりも厳しいところにその合格ラインを持っている。それは、アジア企業の経営に携わり、生き抜いてこられた経験からなのでしょう。

こういうプロ経営者がもっとたくさん出てきてほしいですし、中野社長の経験を、もっと次世代に伝えていきたいなと、若輩者ながら思った次第です。
極めて「経営者」という印象。何かというと、資源配分・付加価値率を徹底している。
自分は、経営者とは持っている有形・無形の資産配分を最適化してリスク・リターンを最適化する仕事だと思っている。昔からやっている事業で売上・利益(もちろん雇用)もあるものもあるかもしれないが、それを生かし切れていないなら再編を厭わないこと。
面積単価の重要性の強調、付加価値率(10倍以上の値段で売れること)の話、顧客分散することの重要性、「100億円売って、キャッシュを50億円作ろう」といった言葉、極めて経営者のど真ん中という印象。

コインや、それに伴う評価の考え方もとても同意すること。人間が人間を評価することはできないが、出来事そのものは評価できる。そしてその出来事の時点でコインを渡す。即時的にやらないと、印象論が強くなる。

メディアについても面白い。ペガサスクラブ出身とのことで、そのなかでダイエー中内さんを見ての学びというのも面白い。

最後に細かい点だが、ダメージジーンズが写真で写っているが73歳にはとても見えない。自ら海外に行き、異文化を感じ、色々考えられて、今でも好奇心を強く持たれている印象。
伊勢丹出身とのことだし、台湾でも百貨店事業のトップをやられていた。もし今百貨店のトップとなられたら、どんな風に「生まれ変わらせる」だろうか。
ビジネスの話をされてるんですが、ものすごい自分ごととして捉えてしまうようなインタビュー。
自分がやる意味のないものはやらない、小さな市場でも100パーセントの市場をとって価格を自分たちで決めるなどなど。。

自分も力づくの消耗戦はしたくないですしね。。
平和呆けはおかしいのだけれどそれを逆手に取った倉庫ビジネス。世界中から大切なモノを預かればよい、国策としても。
「日本というのは極めて安全な国です。王様はいないし、特定の宗教が国をコントロールしている訳でもありません。一党独裁でもない。言いたいことは言えるし、とてもバランスが良いのです。日本の安全さは、アジアにおいては唯一にして断トツです」
「華僑はアジア中にネットワークがあります。彼らに強い危機感があるのは、例えばインドネシアでは15年に1回ほど華僑の排斥運動が起きているからです。そこでボロボロになって、また立ち上がっても、再びやられてしまう。彼らが生きるために備えた感性は、とても大事なものです。生きるためにはお金が大事、お金は命なんですよ。だから彼らの感性をどこまで受け止められるかによって、ビジネスは全く異なるものに見えます。華僑にとってお金や財産は、時には自分の命より重要なんです。そんな彼らの資産の一番の預け先が、寺田倉庫になればいいと思っています」
「私はアジアに飛び込んで仕事をしてきたので、日本に帰ると、おかしいよねと思うことがあります。アジアと日本、どちらがおかしいのかわかりませんが、間違いなく、まったく違う文化でしょう」
良質な物語を読んでいるような気持ちになります。大切にしたい言葉がたくさんありました。

ところで、発信する手段としてのメディアとの付き合い方について。このご時世、自分を売り込んだりアピールしたりするためにメディアをある程度戦略的に使うことは確かに大切ですが、頼りすぎるとコントロールできなくなるものだと思います。

また、メディア戦略はもちろん大切なのだけれど、そればかりになるのもどうなのかなと・・・それは、「人気者」になるためには最重要戦略かもしれないけれど、人気者になることが最終目的ではない人(例えば、ビジネスを本業とする人、アーティスト、アスリートなど)にとっては、頼りすぎると恐いものだと思っておくのがちょうどいいと思います。

「人気者」になることが最終目的ではない人にとっては、メディアにどう出るかに時間を使いすぎるのではなく、メディアが取り上げるような自分の本業を磨くことを忘れないことが大切だと思います。メディアに出るためにがんばっている一流アスリートってあまり想像がつかないのは、そういうことなのだと。中野社長からも似たものを感じます。
『ビジネスでは小さな市場に見えても、そこで100%の市場シェアが取れたら、その価格は自分たちで決められます』
『100億円売って、キャッシュを50億円を作ろう』
売上を1/7にしてまでも、『儲け』を優先させた経営の原点を改めて感じさせてもらいました。

会社の原点は稼ぐ事。
売上と社員数を直ぐ聞いてくるサラリーマン経営者へのアンチテーゼとして読ませてもらいました。
熟成しつつもフレッシュ感が残る、味わい深いインタビュー@寺田倉庫・中野社長。

熟成香
・規模ではなく中身が強くなることが会社の成長。
・社長は根本的な意味では偉くない。役割分担。
・華僑にとってお金や財産は、時に自分の命より重要。
・出来事しか評価できない。人格を評価するつもりはない。
・社員も会社も長期的なことにお互い期待しないくらいが良い。

フレッシュ感
・「ドクロコイン」に見られるチャーミングなネーミングセンス。
・ITを活用した下請けビジネスからの脱却。
・これから手を組むのではあればベンチャー企業、という姿勢。
・アート保存×東京芸術大学、ワイン熟成×山梨大学などの探究心。
・73歳にしてダメージデニムにオシャレブーツを合わせるスタイル。

個人的にはオーナーである寺田家はどういう位置付けになっているのか?「5年で辞めろ」の場合、次の経営陣はどうなるのか?なども知りたいですね!!
全体的にめちゃくちゃ共感するし、おこがましいが考え方が近しいと感じた。
特に以下の人生観。僕もできるだけ人生のピークを後ろに持っていきたくて、イメージとしては60代にピークが来るように生きてる。なので今成功しているかとかは正直どうでもよくて、60代にやりたいことやれて、いいたいこといえて、すごいことがやれてるように生きたい。
「人生は「最後の10秒」で、決まると思っているんですよ。
死ぬなと思った、その瞬間に「ああ、いい人生だったな」と思っていたい。何かが気になって、頭の中が錯乱した状態で死ぬような最期よりも、ずいぶんと幸せを感じると思うんですよね。
つまり「最後の10秒」がやって来るまで、人間の人生というのは勝負が決まっていない。それまでは「途中」なんです。うまくいかないことがあっても、腐らずに、挽回すればいい。
これが私の生き方のコンセプトです。だからマスコミに対しても、あまり無理したくないのです。」
この連載について
半世紀以上前に米倉庫として生まれた、老舗の寺田倉庫がまるでスタートアップのような「革新的サービス」を続々と生み出している。これまで頑なにメディア取材を受けなかった中野善壽社長の独占インタビューを筆頭に、秘密のベールに包まれた、寺田倉庫の「変貌」と新ビジネスの舞台裏をレポートする。
寺田倉庫(てらだそうこ、英語: Warehouse TERRADA)は、東京都臨海部の天王洲アイル(東京都品川区)に本社を置く倉庫業者。基幹事業の保存保管事業では、ワイン、アート、映像フィルムなど、各商材に適した温湿度管理による保管と、倉庫会社の枠を超えた新規事業を展開している。 ウィキペディア

業績