新着Pick
1324Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここで言われているルーキーは、単に年齢が若い人、ではなく、「学び・開拓するスタンス」を積極的に取れる人、ということに注意が必要です。
確かにベテランは経験豊富なだけに、若い人に比べて学ぶスタンスが消えがちではありますが、若いからといって学び、開拓するスタンスがあるかどうかは人それぞれですし。
今、日本人は全体的に世代間ギャップが減ってきているので、昔に比べて「若いやつは」、「おじさん・おばさんは」というステレオタイプは効かなくなっているようにも思います。

そういう意味では、「最も成果を上げた“ルーキー”とは、中堅どころのプロフェッショナルや脂の乗ってきたエグゼクティブがこれまでにやったことのない仕事に取りかかった時」というのも頷けますね。
世代や性別、出身地などの差がなくなってくると“それは人による“というところが大きくなってきます。もしかすると、教育環境や所得環境による差が非常に大きくなる、ということなのかもしれませんが。

「ルーキーはベテランの5倍、外部の専門家に会っている」というのは耳が痛いものの、ホントその通りですね。

テスラなどでリーダー育成を手がけ、リンダ・グラットン氏と同じく「Thinkers50」にも選出された人材育成の第一人者、リズ・ワイズマン氏に、独占インタビューしました。

中堅社員が持つ知識や経験の多くは時代遅れ。だからこそ、組織はルーキー(新人)を大事にすべきで、ベテランは「永遠のルーキー」を目指す必要がある──。

経験は二の次で、より大切なのは、学び続ける姿勢のある人物であるかどうか、という氏の主張は、私のようなミドルにとっては耳が痛くもあり、刺激的です。

また本当のルーキー、つまり新人が難易度の高い仕事に挑むか?についても聞いています。ミドルの方も、新人やそれに近いジュニアな方にとっても、参考になる教訓が満載です。
イーロンマスクは、ひとりで十分。
会社の中に、何人もいたら、それは動物園。

ベテランのマインドとして、今、必要なのは、「自分が活躍する」ではなく、「自分が、部下の可能性を守る」ということ。そういうスタンスで、安心安全な場をつくることにかけては、やはり年齢の積み重ねは大切です。
本来、人間の体は変化が苦手です。
急激な変化は大きなストレスとなり心身に影響します。
でも現代社会はどんどん急激な変化を求めています。

この矛盾の中で我々ができることは、ひとつには「世の中は常に変化するものである」というマインドセットをすることでしょうね。

「こうなったらどうしよう?」から「こうなったらこうしよう!」と考え続けることが一番の近道かもしれません。

しかしどんなに好きこそ物の上手なれでも、考え続けるとスマホが熱くなってくるのと一緒でやがて脳も疲れてきます。

変化が激しいこんな時代だからこそ、意識的にオンとオフをとる「攻めの休養」が求められます。
単に国内短期で売り手市場というだけで、中長期的にみれば、いま若年世代の労働者の将来はなかなかタフ。だらだら働くことは許されず、安定した職場や企業は不透明で、生涯スキルセットの更新が求められる。それは本当に幸せなこと?せめて幸せに働く云々ではなく権利としての労働環境改善はより強く主張されてもよいはずで、生産性向上は労働者からみればそのときのある種のバーター材料。ちなみに最近では大半の人が労働者にあたることが失念されている。起業家のように働くのはそれはそれで重要だが、そのことを安易に過去200年ほどかけて積み上げられた労働者の権利放棄や日本における未整備な部分を看過することに繋げないほうがよいはず。
中間管理職層が最もロボットに置き換えられやすくなると言われることが多い中、最終工程である現場は「やはり人間」という社会が来るという議論を目にすることが多いです(落合陽一先生などもそうおっしゃっていたかと記憶します)。経験は新しいことをするのに邪魔になりますから、そのいう意味で危険さを常にはらみますね。
ルーキースマートの時代は、若者の時代。若者に迎合するという意味ではなく、若者のポテンシャルをいかに発揮できる場や仕組みをつくれるかが、あらゆる業界で勝負を決めます。
『最も大切なことは、常に新しい仕事をし続けるということです』
永遠にルーキーに感覚を持ち続ける原動力は「好奇心」だと思う。
好奇心のない人は、学ばないし、発見・発明もしない。
「現在は、海図がないのに大海原にこぎ出すような時代」
「情報を得て答えを探すより、むしろ適切な問いを立てられることのほうが重要」
仰る通りだなと思いました。だから今多くの人は迷っているのだと思います。とはいえルーキーも迷っているベテランの元ではその力を発揮する事は難しいのだとも思います。

ルーキーらしさを取り戻すための方法、参考になりますね。そしてやはり必要なのは「試練」だという事。試練乗り越えなければ新たな境地には辿り着くことは難しいのですね。
>重要なのは、ビジネスの速度が加速している、ということです。
>また、昔では考えられなかったくらいの速さで、新しい仕事が誕生しています。
>科学的な情報の量が9カ月で2倍のペースで増え、1年間に30%のペースで時代遅れになるとすれば、我々が持っている専門知識にどれくらいの賞味期間があるでしょうか? 常に知識を更新し続けない限り、5年先には使える知識は15%しか残っていない恐れもあります。

←このことを本当に実感されている方は、日本にどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
 何か新しいことにチャレンジしようとするとき、自分の数十年前の過去の体験を持ち出し、絶対に成功しないと否定的な意見を言う方が必ずいらっしゃいます。
技術の進歩が早いため、2~3年前に実施したことでさえ古く、そのときとは違う結果が出る可能性が高いのが現状です。
 ビジネスの速度が加速している現在、企業として存続していくためには、自分の古い知識・経験を持ち出し、新しいことにチャレンジしようとする人の可能性を潰さないような組織作りが重要だと痛感しています。
この連載について
長時間労働の撲滅、副業の解禁、リカレント教育の普及促進ーー。 現在政府は、働き方改革の第二章として人づくり革命に邁進している。 大手企業の間でも、副業や柔軟な働き方を推進する企業も増えてきた。 一方でAIやIoTなどの技術の革新は、我々の働き方をも変えつつある。 そんななか、私たちは、働くということにどのように向き合うべきか? リンダ・グラットン、ソフトバンクやサイバーエージェントの人事トップなど識者と共に考える。
日本オラクル株式会社(にほんオラクル、英語: Oracle Corporation Japan)は、米国企業オラクルコーポレーション (Oracle Corporation) (1977年設立)が、1985年に日本で設立した法人である。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
1.05 兆円

業績

株式会社ワイズマンは、岩手県盛岡市に本社を置き、福祉および医療分野のソフトウェア開発・販売を主要事業とする企業である。 ウィキペディア

業績

時価総額
4.96 兆円

業績