新着Pick
252Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
寄稿しました。今年はとにかく中国テックの日本語での報道が激増した年でした。インドも増加傾向で、来年はデジタル経済圏の「アジア・シフト」傾向がますます顕著となるでしょう。米国も更にニュースが増えそうですが、プラスのそれ同様、マイナスの意味での報道も少なからず聞こえてきそうです。
そんな来年も皆様に実り多き年となりますよう、メリークリスマス。
注目すべき点がコンパクトにまとまっていますね。先週、トルコで、企業関係者や政府関係者数名と議論する機会があったのですが、中所得国の経済やビジネスのあり方は、これからのテックビジネスで大きく、そのあり方が変わろうとしているという話しをしました。アジアはまさに中所得国が多く、マクロデータだけでは読み切れない部分を考えていく必要があります。トルコでもスタートアップイベントが盛り上がる兆しがあると聞きました。

日本とは大きく環境が異なるため、アジア各地で行われているスタートアップイベントや、スタートアップ創業者のトークを聞きに行くことをお勧めします。日本から参加しやすいのは、香港のRISEとシンガポール・ジャカルタ・バンガロールで行われるTech in Asiaです。参加料さえ払えば誰でも見にいけます。こうしたイベントに行くと、アイディアそのものは日本のスタートアップが早かったり、サービスの質が優れていると感じることが多いのですが、差が付くのが英語をはじめとした多言語展開。

最近面白かったのは、ハードウエアスタートアップのRazerの海外戦略担当者の話。
世界の潮流が分かりやすくまとめられており、腹落ち感のあるロジックでした。サンフランシスコは確かに家賃も頭打ち、ここ最近は元気がない印象(とはいえすごいんですが)がありましたが、まさにこうしたエリア分散のせいなのかもしれません。
中国の大手資本も、インドのマーケットを攻めに行っている構造。シャオミはインド市場最大のスマホブランドの地位を築き始めている。

2018年の目標は、中国人、インド人と仲良くなることにしようかな。
蛯原さんらしい、クリスプに今後グローバルでスタートアップシーンがどのようになっていくのかまとまった良記事。来年はオースティンに行かないとな
インド人が世界を賑わせた2017でしたね。本当に。
中国のテック記事かなり増えたよね
テキサスですか。なるほど、おもしろい。
この連載について
日本が右肩下がりで衰退していった「平成」が終わろうとしている。もはや「昭和モデル」「平成モデル」にとらわれてはいけない。では、「ポスト平成」はどんな時代になるのだろうか。人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界の視点から100人の智者が、2018年以降の未来を予測する。