新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

173Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップありがとうございました!セクハラは男性⇒女性以外にも、様々なタイプがありますが、本文中では「記事の強度」を重視し、断り書きを入れず、ほとんどのケースである男性⇒女性の話を書かせていただきました。

よく言われるように、日本的なムラ社会では明文化されたルールより、「世間の見方」が人の行動を規定します。これは世間体を重視する抑圧されたコミュニティになるという弊害もありますが、ある種の相互監視として治安を維持してきたという歴史もあります。

セクハラに関しては現在、明らかに「世間の許容度」が変わってきているように思います。ルールの整備はもちろん必要ですが、「説教口説き⇒セクハラ兼パワハラはみっともない」という概念が一般化することがある種の抑止力になるのではないか。そんな思いで書きました。来年もよろしくお願いいたします。
動物を飼っているとわかるのですが秩序を保つためには群れの中にオスは1匹でいいんです。なので、最近流行りのヤギなんかもオスは処分か去勢が基本。
じゃないと余計な動きをして物壊したり人傷つけたり殺しあったりする。ニワトリもウサギもそうです。
成熟した社会には男子的エネルギーの居場所はどんどんなくなっていくのは自然のことと思います。
去勢は社会秩序を保つためにはかなり合理的な判断ですがやはり道徳や人権の面で問題がありそうです。
去勢的に行動できるクスリができるかもしれませんね。

代替案として男子的なもの減退の流れのなかで福音となるのがバーチャル世界なのではないでしょうか。
これからさらに内向き男子は増え、リアル女性を避けるようになるでしょう。
セクハラ基準改定は、まだまだ先じゃないでしょうか。大室さんが記事に書いている詩織さんやはあちゅうさんの訴えでも、それに対するネット上での風当たりの強さを見れば、普通の人が#metooと声をあげられる国ではまだないのかなと思います。

「今回、一連の報道で、実際に女性が感じているセクハラ基準を知ったことで、反省をした男性も多いと聞く」とのこと。今年#metooで出てきた案件は、犯罪に近いものがかなり含まれているのに、そのレベルでやっと反省ならば、先は長そうですね。。
HR(人材関連)領域の名うての論客でもある産業医の大室正志さんに、2018年の職場環境と人材のメンタル動向について予測して頂きました。

副業を解禁する企業の増加に伴いパラレルワークを始める人が増えると、それに伴う心理的な負荷がうつとして現れる危険性。

そして#me too 運動に伴うセクハラ、パワハラへの関心増加と共に、セクハラ・パワハラの加害者は自身の行動をいよいよ自覚せざるをえないフェーズに突入するーー。

大室さんらしいユーモアを交えながらも、時代を切り取る重要な論考になっています。ぜひお読みください。

副業うつの話は納得です。
フリーの場合はスケジュール調整の腕が大切になってきます。同じ仕事でも時間配分が上手と下手では雲泥の差。バランス感覚が大切になってきます。社会がバランスをとることに慣れていないので、これからの課題だと思います。
大室先生、先日とあるイベントの登壇でご一緒する機会があったのですが、いははやマシンガントークが凄まじい方でした。副業うつ、結局は自分でどこまで業務をコントロールできるか。これから増えそうですね。
副業は、次のステップのグラデーションと考えたい。なのでわが社でも社内副業を認め、社内でのステップになることを期待する。スープ、ネクタイ、ホテルなど多種あるが0-1だと本人も受けとる側もギャンブルになりかねない。
グラデーションを容認する文化醸成が必要と思う。
労働時間が長い職業の一つとして医師がありますが、パワハラが起こりやすい職業でもあります。
研修医の自死が報じられるたびにその労働時間の長さがクローズアップされますが、私は上司のパワハラが主な原因ではと勘ぐってしまいます。
副業うつか。なるほど。
マルチタスクは、PC同様に脳にも負荷をかける。
流行りのように、副業論やマルチタスクの重要性について、よく耳にしますが、こういう観点はたしかに重要ですね。
勉強になった。
セクハラとパワハラの背後には、過度に高い業績目標とその達成圧力、が隠れているような気もします。これらにより生まれるプレッシャーやストレスにさらされる上司が、達成のために過度に部下の行動を管理しようとしてみたり、はたまた、そのストレスを解消しようと部下にセクハラしたりしている、ようにも思えます。この辺りへの対策もセットで考えないと、セクハラやパワハラはなくならない、ように思います。
この連載について
日本が右肩下がりで衰退していった「平成」が終わろうとしている。もはや「昭和モデル」「平成モデル」にとらわれてはいけない。では、「ポスト平成」はどんな時代になるのだろうか。人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界の視点から100人の智者が、2018年以降の未来を予測する。
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本最大手の広告代理店である。広告業界では世界五大グループの一角をなしている。 ウィキペディア
時価総額
1.42 兆円

業績