新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Mcapは1620円換算で5200億円で、ファイナンス額は1200億円程度なので、オファリングレシオは23%ですから、IPOファイナンスとしては適正なオファリングです。3割高というのも、IPOディスカウントが30%と考えれば、それがフェアバリューに戻るとの理解で良いかと思います。オーソドックスな良いディールです。

引用
SGHDの18年3月期の売上高計画は前期比7.5%増の1兆円、営業利益は17%増の580億円、営業利益率は5.8%の見通し。1株利益106.31円、配当32円を見込む。想定売り出し価格を基準にした予想PERは14.9倍、配当利回りは2%。
昨年のJR九州が初値で2割弱の上昇でしたから、3割上昇が実現すれば凄いと思います。
佐川に限った話ではなくどの企業についてもなのだが、上場後すぐの価格より、保有者に長期的にリターンがでるように、収益力の強化と再投資・成長をしっかりやってほしい。
保有をしていてリターンが出たという経験の蓄積が、安定した株式投資の土壌を育む。資産形成にもつながるし、時価総額の成長は買収通貨としての価値も上げて、企業の成長・投資戦略にも活用できる。
重要なのは、長期的に資本コストを上回る超過収益を生み出し、成長するための競争力を強化していくこと。
久々のビックキャップ上場。この値付けは、運輸業界全体のコストについての懸念がどう評価されているかの軸になりそう。となるとマイクロキャップ運輸上場企業への株価にも影響ありそうですね。
13日に上場予定のSGホールディングス。国内外での売り出し株数から試算した資金吸収額は最大1276億円で2017年のIPOで最大のスシロー(761億円)を上回り、トップとなるとのこと。
個人ユースだと微妙だけど企業としてお願いするとすごくユーザビリティが高い。もっとBに寄せて勝負してもいいといい気がする。
海外や企業向けデリバリーの売り上げが13%とのことですが、この数字がどれだけ伸びるかが成長のポイントでしょう。グローバル物流の主要プレーヤーになれるのか?