新着Pick
796Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国でのキャッシュレスがよく話題になりますが、爆発的に普及した背景の一つに、現金払いのコストが日本よりも高く強いニーズがあったのだと思います。

例えば、大学の学食ではチャージ式のカード決済が10年以上前に導入されました。限られた時間で大量の学生をさばかなければいけない学食では現金のやりとりは時間ロスになりますし、衛生的にも問題があります。日本の大学では事前に食券を買う方式がメインだと思いますが、中国ではそもそも自販機が普及していないんですよね。

バスでも、交通カード決済が導入される以前は、車内での両替ができないので、100元紙幣しか持っていない場合、1元の運賃を払うのにとても苦労しました。「もういらん」と言われたこともありますが(笑)

日本に帰って驚くのは「かゆい所に手が届く」製品・サービスです。アイデア商品などが良い例だと思いますが、不便なことがあるとすぐにカイゼンして製品化されます。

キャッシュレス化が進まないのは、現金を使う事に多くの日本人が不便と感じていないからなのではないでしょうか。
日銀の資金循環統計を見れば分かる話ですが、政府債務がどれだけ積み上がろうと、大地震や津波が来ようと、そしてミサイルが飛んでこようと、本邦家計部門の現預金志向は一切変わることはありませんでした。これが何故なのかは正直確たる理屈を持って説明できるものではなく、つとめて精神的な問題なのではないかと思わされます。技術革新によってその精神的な問題が変わるのかどうか、議論の余地はあるように思います。

なお、この手の話題になると「インドや中国は日本と違ってキャッシュレスが凄く進んでいる」という話が出てきますが、それは元々、旧来のインフラが貧相だったから普及しやすいというだけの話であって、前提条件も含めて比較する必要があるとは思います。
時代遅れうんぬんかはさておき、先日きた海外のATMの会社も、コンビニATMで数万以上の現金を下ろす必要性をしきりに謎がって、またコンビニのATMに現金がそんなに沢山あるのに襲われないのは日本だけだと、営業を諦めて帰りました(笑)まあ、たしかに。
便利には越したことありませんが、現金で決済した方が一手間あるお陰で自分のお金の消費量を感覚的に把握しやすく、無駄遣いしませんよね。

本とインターネット(電子書籍というより)の違いに違い。エンドレスの良さと、区切りがあることの良さ、両方あると思います。

とは言え、ATMや現金決済の社会的無駄が大きいのも事実。いずれ役割が縮小していくことは当然の流れでしょう。

特に、高額紙幣は犯罪や不正取引きで使われる方が多いと言いますし。
現金使うコストに無頓着なやつが多すぎるんだよね。
消費者側の視点で言わせてもらえば、現金はどこの店でも決済可能であるのに対し、クレジットカードや電子マネーは使える店と使えない店とがあって万能感がないうえに、ポイントなどの還元率が低く使うメリットに乏しいというのもあるでしょうね。ある店ではPASMOやT-POINTが使えても、別の店では使えないという事例は事欠きません。庶民の日常生活では現金がないとまだまだ不便で、現金派をバカにする人たちは、現状を直視できていないのではないかと思いますね。
社会の多様性とか寛容性とか言うくせに、コンビニで公共料金キャッシュで払う人とかそんなに我慢できないのかね笑?
決済「なんか」、そこまでの話かな?
フィンテックのウリはキャッシュレス化を強調するので現金主義国家を馬鹿にするの驚きませんね。

でも前の人が現金で払うせいで、自分が10秒を無くして損するほどの人は原則ではなく、例外でしょう。

自分のために他の人を馬鹿にするなんてどんだけ偉いですか?

(因みに私はキャッシュレス派です)
この話題はNPで数ヶ月に一度の頻度で取り上げられていますが、ようやくまともな議論になってきた。
かつては「現金を使うのは海外を知らず時代遅れのバカ」という論調ばかりだったが、どうやら逆転したようだ。

キャッシュレスの決済が進むかどうかは、ひとえに物やサービスを売る側の都合による。日本でも電車やバスの切符を現金で買う人は激減している。

小売店などでは電子決済は手数料がかかる。諸外国では偽札をつかまさたり、現金の管理コストが高いから、「現金お断り」で電子決済となる。
一方、日本では偽札がまずなく、従業員は誠実で、集金も銀行が来てくれる(将来はわかりませんが)。

こうした事情をようやく考える場になってきた。
この前韓国に行った時、私の前に並んでいた人が50円をクレジットカードで切っていました。韓国のカード文化といい、中国のモバイル決済文化といい、アジアの国々は見事に現金からシフトしています。