新着Pick
170Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いい加減、何かにつけて労働力不足に移民政策を割り当てようとすることの危うさを指摘する声はもっと大きくなっていいと思います。

これだけ欧州で移民が問題視され、鉄壁のメルケル政権の牙城も崩されてしまった現状(ひいてはEUの存続をも揺るがす現状)を見るにつけ、移民を万能薬のように語るムードは諸外国からの学びがなさ過ぎると思います。

ゆえに、「ただしこれは「移民を入れよう」ということではありません。「移民の受け入れ」と「外国人材の活用」は分けて考えています。」という部分は首肯できるものです。
「移民労働力受け入れ」と「高度人材登用」は厳密に峻別すべきです。
 前者に関しては、産出力増強のために旧植民地から労働力を導入した欧州各国の現状を見れば、一度渡った川は戻れないことを認識すべきです。
 後者は、三村さん仰る通り居心地のいい国とする必要がありますが、英語環境の整備などはいいのですが、ボトルネックになるのが高所得者への高率課税でしょう。
大企業出身の会頭ならではの施策に期待しています。中小サプライヤーを結ぶIoT技術を普及させ、ジャスト・イン・タイムを実現し在庫を減らすことなどはその一つ。海外からの高度人材・技能人材の受け入れなども個々の中小企業ではなかなか難しい課題ですので、自治体や国への規制緩和の要望なども日商からどんどん出せばいいと思います。三村さんでなければ出来ないと思います。
とても素敵だし、共感できる考え方。
中小企業・大企業と分けることは一種の対立を生み出す。双方のエゴを出すことがそれを深めるから、日本経済全体のためになるかというい判断軸はとてもシンプル。それも、『大企業経営者が中小企業からなる商工会議所のトップになって、役割が果たせるか』という質問をされたときに「それもそうだよなあ」と受け止めることができるゆえにできる考え方なのだと思うし、こういう姿勢に自分も近づきたい。

そして移民の受け入れと外国人材の活用が違うという点も本当にそう。
歴史的に移民が少なく、ずっと独立国だったという背景ゆえに、違いに対してイメージがわきにくい。それゆえ他国と比較して議論が進まないのは、個人的には自然だししょうがないと思う。だからといって、そのままでいいとも思わない。
だからこそ、三村さんのような立場にある方がそういった発信をされることの意義も大きいと思う。
"企業の大部分は地方にあるので、地方創生にもつながり、ひいては日本経済のためになることです"
事業の承継をはじめとする地方の復活は必ず成し遂げないと未来はありません。
「われわれ中小企業は」これは嬉しいでしょうね。
コメントを見て、相変わらずの移民アレルギーの強さを感じますが、人口減と経済緊縮に対応するために、長期的に見れば、日本人女性と外国人タレントの積極的活用は必要になってくると思います。
旅行では最高な国だとよく話を聞きます。日本に来てもらわずとも、リモートで仕事をできるようにすれば良いのではないでしょうか。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。