新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

332Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は、8月にNewsPicksアカデミアで開催した「お金と市場の日本史:序」のレクチャー部分最終部です。
(明日は質疑応答部分です)

9月開催のNewsPicksアカデミア「お金と市場の日本史:破」では財閥のM&Aを中心にお話をしました。明治維新前後の産業化が徳川時代の要素のかなりの部分を引き継いでいたことを説明しました。この辺り、今週発売『週刊エコノミスト』にて「学者が斬る 視点争点 変化と継承の明治維新に学ぶ」という連載記事でも言及しておりますので宜しければご笑覧下さい。

10月20日開催予定のNewsPicksアカデミア「お金と市場の日本史:救」では、明治・大正・昭和初期の日本経済が引き継いでいたのに戦後昭和で引き継がれなかったものが何か、についてお話をする予定です(Kato Junさん、リクエストにお答えして仮想通貨について時間を割きますね、しばしお待ちを)。
すげーいい話
旗振り通信の仕組みは知らなかった。どんなコミュニケーションだったのか興味をもったのでWikipediaで調べてみました↓

上げ相場 - 左横上で二振
下げ相場 - 右横下で二振
1銭 - 右横斜下
2銭 - 右横
3銭 - 右横上下二振
4銭 - 右横斜上
5銭 - 直立
6銭 - 左横斜下
7銭 - 左横
8銭 - 左横上下二振
9銭 - 左横斜上
10銭 - 直立二振
20銭 - 右横、直立二振
30銭 - 右横上下二振、直立上下二振
40銭 - 右横斜上、直立上下二振
50銭 - 直立前倒、直立上下二振
60銭 - 左横斜下、直立上下二振
70銭 - 左横、直立上下二振
80銭 - 左横上下二振、直立上下二振
90銭 - 左横斜上、直立二振
1円 - 直立、大きく左右に振る

===
株仲間の情報シェアが市場の進化をもたらしたとありますが、徳川幕府の時代に意図的に市場をコントロールする仕組みがつくられていたことに驚きです。
本論とは逸れるかもしれませんが、旗振り通信にすごい魅力を感じます。大阪から江戸まで最短で情報を届けようと思った時に、その情報量、質とスピードがどのぐらいだったのか気になります。
伝書鳩や飛脚リレー、手旗信号、狼煙などインターネットで世界中どこでも一瞬で情報を届けられる今だからこそ実践考古学みたいな形で過去の叡智に学ぶ機会があった方が、現代のブレイクスルーにつながるのではないかなど、思ってしまいました。
市場間の裁定がどう進化・変化してきたかが伺える。
記事に出ている「旗振り通信」の大阪~広島40分について初めて知った時には、とてもびっくりした。
〉世界初の先物市場の誕生は、徳川時代、18世紀前半、徳川吉宗の「享保の改革」が始まってしばらく経った後から始まります。「情報をみんなでシェアできるかどうかが、市場の進化にとって重要な鍵になる」ことが突き止められてきたのです。
先物市場と聞けばついシカゴを思い出してしまうのですが、大阪しかも堂島が世界初だったとは知りませんでした。ブツは米だったり、アメリカだとトウモロコシや大豆といった主要な食べ物であることは似ているのですね。貨幣と主食の密接な関係を改めて思い知らされます。

旗振り通信も面白いなあ。学ぶところが多い記事です。
知らなかった知識がいっぱいで楽しい。

・徳川政権の財政支出は、1730年以降黒字となり、健全財政が概して維持できていた
・水野忠邦による解散命令=1841年により、株仲間がなくなると財政の健全性は不安定になり、物流も混乱した
・明治・大正時代は、今日の欧米と同様に、銀行よりも株主の意見の方が強かった
めちゃくちゃ面白いなーーー。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。