新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
青木一郎さんのコメントが勉強になりました。ありがとうございます。
薄毛お悩み市場とは違うターゲットに向けて、「着替える髪」として新しいカテゴリーをつくるというアイデアを面白がっていたのですが、実際にアデランスで事業化される見込みです。フルカスタマイズの高品質・高機能ウィッグなのでそれなりに高価になると思いますが、ほかのファッションアイテムよりも髪型ははるかにインパクトがあるのは間違いなし。スーツや靴や時計やカバンに大枚をはたく人がいるのですから、着替える髪も需要があるというのが僕の考えです。ポイントは「非日常」ではなく「異日常」を繰り返し楽しむためのツールということ。

追記:次回のBluedogsのライブは11/25土曜日、場所はいつも出演している東京は渋谷のTake Off 7、スタートはおそらく16:30から。1時間のステージです。出し物は主として70年代のわりとハード系のロックです。
楠木先生は、「Bluedogs」というバンドをやっていて、ロバート・プラントのような長髪ウィッグ(もちろんアデランス製です)で髪振り乱して演奏することもあるそうです。その写真には確かに恍惚感が。ウィッグには人間の変身願望を満たす効果も大きいのですね。
今や定額制はあらゆる業界で安定収益が得られるメジャーな手法になっていますね。特に髪の毛は途中でやめにくいので相性がよい戦略。
また、女性向けのファッションウィッグは低価格品が多く出てきてかなり厳しいですが、男性のファッション需要というのはニッチだけれど高単価でいけそうな気がします。
次回はいよいよ海外事業。楽しみです。
昨日の記事でアフターサービス比率が高いのでCFをある程度計算できるはずとコメントしたが、このヘアシステムだと毎月なので一層それが固くなる。
https://newspicks.com/news/2492095?ref=user_100438

ただ、いくらになるのだろうか?JINSとかは、メガネのファッション化・複数個化需要を価格を下げて手軽にすることによって達成していった。手入れに一定の時間・技術も必要だろうから、結構マーケットセグメントとしては小さそう。
今回も写真がズルい
記事より写真に目がいって、集中できません笑 ③
この連載について
成功する企業には「優れた戦略」がある。優れた戦略の条件は「そこに思わず人に話したくなるようなストーリーがあるかどうか」と説く楠木建教授。本連載では、「戦略ストーリーの達人」たる経営者との対話を通じて「稼ぐ力」の中身を解明する。
株式会社アデランス(Aderans Company Limited)は、日本にて創業し、世界に展開する総合毛髪のリーディングカンパニーであり、ウィッグの他、同社が展開する男性向け育毛・増毛サービスのブランド名でもある。名称はフランス語で「接着・付着」を意味する「adhérence」に由来するものである。 ウィキペディア

業績