新着Pick
1220Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この人には絶対に敵わないと,私が思っている一人が内田樹氏.やはりキレキレな評論.昨日書いたユダヤ人に関するコメントを削除したくなる.自分の浅はかさが露呈してしまった.ユダヤ的思考法について興味深い内容.内田樹氏のレトリックもユダヤ的なのだと分かった.「私家版・ユダヤ文化論」は未読でした.読んでみます.
圧巻でした!前半の批評から、後半にかけて、怒涛のように研ぎ澄まれていく思弁と、そのレトリックに、インタビューしながら、興奮を覚えてしまいました。「知性を鍛える方法」、そしてそれを伝承していくノウハウ、、いずれも知的興奮を覚える思索でした。

本日で、7日間続いた特集は終わります。イスラエルもユダヤも、日本にいて身近に感じる場面は少ないですが、少し日本の外に出ると、やはり彼らの存在感の大きさに、すぐにぶち当たります。

今、またシャーロッツビルの事件で、ネオナチズムが台頭してきて、世界の歴史が繰り返す業の深さに、胸が痛みます。ビジネスをする上でも、一つ一つの世界の現象に心を研ぎ澄ましていなければと改めて痛感しました。

7日間、ありがとうございました。
旧約聖書をしっかりと読んだことはありませんが、すぐ皆殺しにしたり疫病になったり神はいつも怒ってるイメージです。しかも信心していてもごく一部の人しか助からない。異教徒は皆殺しにして土地を奪っても構わない。
荒地の宗教だなという気がします。
後段に「日本人はバカになる訓練を積んでいる」のくだりですが、確かに日本の神様は徹底的に都合よくどこにでもいて人を助けてくれたり、悪さといっても皆殺しとかではなくイタズラとかだったりします。私は日本人だからでしょうが、どんなにバカになるとしても日本の神様の方がいいですね。
日本では70年前まで皇帝が神だったけど戦争に負けたから人間宣言した、、、ってユダヤの人が聞いたらそれこそ「???」と思うのではないでしょうか。
しかし天皇の聖性は一向に失われているようではありません。

ノーベル賞や商業的成功が庶民の幸せや持続性の指標ではありませんので、「なるほど茨の道をあえて進む人たちはすごいな〜」という感想です。
その人たちの考え方を知ってしたたかに振舞うことは重要と思います。
いやあ面白かった。面白いという一言で片付けるには申し訳ないほど深く好奇心をくすぐられました。

"高等法院の判決で裁判官全員が死刑宣告した場合は、死刑を免ずるというルールがありますけれど、それは「全員が同意するような真理はそれだけですでに信じるに足りない」というユダヤ人の人間理解を語っています"
なんですか、これ。民主主義の進化した形でしょうか。こういう国だとフェイクニュースみたいな問題は起こらないのかな。まず、これホント?と疑問に思うから。

ひとりイスラエルで生まれ育ったユダヤ人クリエーターの友人がいます。みんなでお酒飲んでグダグダ話していても、必ず "で、それはなんで?"とBy the way とwhy?で斬り込んではブツブツつぶやく面白い人でした。そういえばfacebookでもあまりLikeを押さない(笑)
いろいろ腑に落ちました。

最終的な解を求めない。って、いいですね。同調性を求めない、気にしないから、ユダヤ人はどこでもやっていけるのでしょうね。

内田先生の話はいつも圧巻です。教養は大切ですね。濃い連載をありがとうございました。
安易に結論を求めると真理から遠ざかる。それでも多くの人はシンプルな結論を求める。そんな間違った結論に安心するから、人間社会は不条理。ユダヤの人はその不条理と戦っている。

(引用)
解答することが困難な問いに安易な解を与えずに、そのまま宙吊りにしておく。そんなことを続けていると、「答えのない問い」だけが無限に増殖してゆくことになりますけれど、その未決状態に耐える。それがユダヤ的知性の働きです。
ユダヤ人にとって、宗教は経典をインストールするものではなく、知性を活性化して生き延びるための手段であったということだろう。
少数精鋭のユダヤ人にとっては、考えないことが社会・文化の消滅に繋がる危機だった。

人口減少で、広大な土地を持っているわけではなく日本人も、「考えること」「知性を磨くこと」を辞めた瞬間に生き延びていけなくなるリスクがある。

考えないことは最大のリスクであることを自覚し、少しでもユダヤ人から学べることは活かしていきたいですね!
なるほど…

「一義的な解釈」は存在しない

「質問に対して、質問で答える」

「ユダヤ人だけがなぜこの過酷なエクササイズに耐えられるのかというと、それは彼らには儀礼があるからです。起きてから寝るまで、煩瑣な儀礼が定めてある。

一方で、何の解答も与えられないという宙吊り状態があり、他方には、細部にわたって定められた儀礼がある。儀礼の方は毎日、毎シーズン、一つ一つ確実に達成できるし、達成するごとに深い満足感が得られる。

無数の具体的な儀礼があって、それを一つ一つクリアするという「やった感」が制度的に保証されているからこそ、知性を宙吊りにするというようなストレスに耐えられるんです。」
「ユダヤ人の持ってる最大の資産はその知的節度なのです。」
「科学的探究は本質的に「共同作業」なんです。」
「ユダヤ人という社会集団が、3000年もの間、激しい迫害を受けながら生き延びて来たのは、自分たちの宗教的・知性的な卓越性について自信があったからだと僕は思います。」
「ユダヤ人たちのものの考え方は、教義というよりはむしろ「家風」です。」
「ユダヤ人だけがなぜこの過酷なエクササイズに耐えられるのかというと、それは彼らには儀礼があるからです。」(すべて記事引用)

内田樹さんの解説は、「一言でまとめられない」ことをもって「ユダヤ人の知性」のエッセンスをあぶりだす。

一読して受けた印象は、「科学的探究心」というアクセルと「宗教的儀礼」というブレーキを合わせもつ共同体がユダヤ的なるものを形成しているということ。1300万人のユダヤ人というエンジンをもつこの超高性能な乗り物は、決して到達できない絶対神の理想郷をめざし、疾走し続ける。
あー、何だか色々とパズルのピースが繋がった気分。素晴らしい記事です。面白かった。これを読んで、「0→1」のイスラエル企業と「1→100」の日本企業の相性がいいなんていう、単純な思考は捨てた方が良いと確信しました。
https://newspicks.com/news/2439721/
信念は思考・言葉・行動・感情を通して体験となりますから、それらは創造のツールであり目的地までの移動手段でもあります。古い信念のままでは目的地まで行けないときは新しい信念へ方向転換が必要ですが、その原動力となるのが自問自答です。

自動車に例えるなら信念・思考・言葉・行動・感情はアクセルに、問いかけはハンドルに相当します。自問自答は目的地までの最短ルートを探すのには便利ですが、しかしハンドルばかり回しても車は進みません。そこでまず進んでみてダメなら方向転換する戦略も立派な選択肢かと思います。
この連載について
イスラエルのテクノロジー企業が、世界を席巻している。もはや「中東のシリコンバレー」どころではなく、米国に次ぐポジションを確保。その強さの源泉にはイスラエルの国策のほか、ユダヤ人たちが歴史上培ってきたイノベーションの秘策があった。世界を手中に収めるユダヤ人の強さの秘密に迫る。