新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

93Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
最後は手塚治虫の「三つ目がとおる」みたいな話になった(笑)
日頃は俗っぽいカネ儲けの話ばかりしてるから、たまには「魂を浄化する話」もいいね!
芸術や宗教はこの世の生きづらさを昇華する役割が大きいと思うのですが、こんなに生き生きとご自身の創作について語り商業的な流れに乗ってしまうと神獣が見えなくなってしまうのではないかなどと、余計なことを考えてしまいました。
私の兄も芸術家ですが、早くから教育やまちづくりなど持続性高いモデルにシフトした感があります。
芸術家は安定性があると魅力的に見えなかったりするので大変だなと思います。
ロジカルに理解するのではなく、「感じる」対談でした。自分の感受性が落ちたきたときに、折に触れて読み返そうと思います。
亀山さんのアートなのかエンターテイメントなのかわからない・・・この感覚こそ大切なのだと感じます。
>あれがアートになるのかエンターテインメントになるのかはわからないけど、そういう名付けにこだわらず、楽しければいいかなあと思う。

カテゴリーを指定したしまった時点で、既存の枠内での発想しか生まれない。
アートにもエンターテイメントにも共通しているのは、他者の感情、思考、感覚を揺さぶり、非日常的経験を提供すること。

他者の人生に影響を与えた結果、それがアートと解釈されてもエンターテイメントと解釈されてもどちらでも良さそうですね。
「その点でいうと空海の書は、ものすごいパワーを持っています。仮に空海の書を持ち出し、今ここに掛けたとします。すると、こんな大都会でスピリチュアルなんてまったく縁のないような場所でも、そのパワーに癒やされるので、神獣たちがわーっと寄ってくるんです。」(記事引用)

「弘法にも筆の誤り」ということわざが残るように、空海は書の達人だった。また漢詩をよくしたためた。一介の私費留学生として遣唐使船に潜り込み、に唐の長安についた空海は、そこで見事な書や詩を披露し、当時世界一の文明国にして世界中の文化的エリートが集るコスモポリタンであった長安で、たちまち頭角を現した。

その噂は、真言密教の第七祖、恵果和尚の耳にも届いていた。病で命が尽きかけていた恵果は、日本から来た天才青年に真言密教のすべての奥義と仏典、仏具を授けた。空海は帰国して高野山に真言宗を開祖するのだが、とにかくスケールの大きい逸話をたくさん残している。常人のうかがい知れないスピリチュアルな力と器の大きさと野心をもった日本史上最高位の天才と言って良いのではないか。

その空海の書のスピリチュアリティについて、小松美羽さんの発言を読んで、そういうことかと納得した。小松さんは、1000年後に自分の作品がどう評価されるかを想像してアートに取り組んでいるとのことだが、空海が生きた時代はおよそ1200年前だ。AIなどのテクノロジーの進展を考えると、1000年後は途方もない未来に思えるが、実は、1200年前の空海の時代の方が発展していたテクノロジーもあったと思う。

特に小松さんが語っている「第三の目」の活用法は、ヨーガの実践知(テクノロジー)を継承する真言密教では「秘密の教え」として存在していた可能性がある。それがその後失われていったとすれば、空海が偉大すぎたことに根本原因があったのではないか。規格外の天才の中にある無尽蔵の実践知を、真言宗の後継者たちは体現できず、空海の教えを形式知としてだけ継承したのだと思う。小松さんが語る空海の書のパワーを、今日の真言宗高層はどのように解釈するのだろうか。
亀っち会長、「三つ目がとおる」を知っているのですね(笑)。すごくおもしろい対談でした。最近上場する若い起業家の方たちは、「アート」か「社会貢献」のどちらかにいくみたいですね。もう上場したからといって、シャンパンあけている時代じゃないし、かっこわるいということでしょう。

そしていつの時代もメディチ家は必要なのです。
未来人てワードが認知されてきてるw
アートや音楽、映画などは発表のフォーマットに過ぎず、販売するにしても入場料を取るにしても、制作費を回収できて、最低限それだけで暮らせるくらいの収入があるかどうかが重要な気がする
この連載について
DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく対談企画。