新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

628Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
高城さんのような人がアマゾンの奥地で調合してきた怪しげな薬を誰でも飲めるようにする活動を私はしているのだとおもっています。
天才とは?という質問に少し考えて、「多作」と答えたアンディウォーホル。

レンブラントなどの「寡作の天才」が存在しにくくなった大量消費時代を象徴する答えだった気がします。

ここでは堀江さんの「元ネタ」の1つが高城さんであることが明らかになっています。「多動力」で言うと高城さんが研究開発で堀江さんが生産販売ラインと言ったところでしょうか。

期せずして”思想の製造工程”を目の当たりにできました(笑)。
「好きこそ物の上手なれ」で、自分が好きなことに長けている人は、本当に幸せ。ただ、「好きなこと」と「向いていること」は得てしてズレるので人生は難しい。
多動よりも多産。それはその通りなんだけど、特にはじめの頃は「動く」と「産み出す」の間にはかなりのタイムラグがあるので、「何か産み出さないと…」と必要以上に自分にプレッシャーをかけてしまうと、かえってアクションが制限されてしまいそう。

以下は本当にその通りで、自分の好き/嫌い、向き/不向きをきちんと把握できている人は迷いがなくて強い。
"今は、自分に何が合っているか、メンタル的というか神経伝達物質的にも遺伝子的にもわかる時代なんだから、それを分析して次に何をやるかを決めて行動することが大事だと思う。"
「アイディアは移動距離に比例する」という高城さんの言葉。移動して、これまでとは違うものに触れたもの、感じたことの分、新しい考え方や見方が出来るようになるというのは納得です。

移動は無駄という考え方を結構聞きますが、高城さんの移動距離は半端ではない。どこが無駄なんだろうか。移動を無駄と思い込まず、移動している中から何かを感じ取れる感性が重要。

私も、そこそこに移動距離が多いです。シンガポールに住んでいる知り合いの方では、もっともっと移動する方がいる。同僚には月の半分、どこか他の国で活動している人もいる。そうした人たちの生産性が低い、面白くないどころか真逆。周りに「多動力」をもった人がいると、いつも刺激されます。

就職が決まり、卒論も終わった学生から「何をしたらいいか」と聞かれることがありますが、「そう簡単に行けないところ、今しか行けない。お金が無ければ借りてでも行った方が良い」と答えています。

高城さんのライブトークを聞いたことがありますが、まさに「アイディアの他動力」。話しが飛びまくりますが、一本の線につながっている。1時間以上のトークはあっと言う間です。来場者向けに自腹で買ったプレゼントを用意していたり(10万円以上するドローンや一眼レフ!)と、みんな楽しもうよ!、というエンターテナーです。
高城さんは本当に面白い、ドローンの1人者と聞いてからずっとウォッチしてます。

自分には無いものばかりで話を聞いているだけでもとても面白いです。加えて、人には得意不得意があるということが自分との対比でわかりやすいという意味でもとても価値があるかと。

余りにも人間が違いすぎて高城さんの価値観はどこまでいっても理解できないですが。
NewsPicksに雇われている高城剛を見てみたい。
リアルガチ多動な高城さんとの多動対談。単に多動でなく、何かを生み出す多産でないといけない、という高城さんの言葉はたぶんその通りで、ホリエモン氏のような「生産的多動」は世の中にはなかなかいないよ、と言っているようで、逆に良いバランスがとれた会話になってる気がします。
ただ、ホリエモン氏が常に主張する「平均じゃない人は生きにくい仕組み」というのは、自分の子供が小学生の年齢になってくると、とてもよく分かるなあ、と感じます。その意味では「ナンバーワンではなくオンリーワン」「みんな違ってみんな良い」的なメッセージは時代にもあうし、多くの人に届いたんだと思います
自分を抑えて我慢した時期がない。これを言い切れることが強味で、誰も真似出来ないのだと思います。僕も割合としてはそちら側ですが、100%ではないので、憧れます。

大事なのは、多動力というより多産力
生産性を大事にしなさいって話。生産性を追い求めると詰まらなくなるので、それもバランスですね。
なんと言うか、みんなが堀江さんみたいになろうとかザッカーバーグみたいになろうとか思わなくてもいいんですよね。

多動力もそういう素地があった人が無理に少動におさまらずに多動して良いってわけで、多動向きじゃない人が無理に多動しても無理が出る。

高城さんが自分はどういう人なのかをしっかり見ている(調べている)のが驚きでしたし、考え方が非常に参考になりました。

さて、僕はどういうのが向いてる人なのでしょうか。。。
この連載について
複数の仕事を同時に動かす力「多動力」。あらゆる産業の壁が溶けている現代の必須スキルとも言える。本特集では著書『多動力』を世に問うた堀江貴文氏と、各界の「多動人」が登場。いま、なぜ動き回ることが重要なのか、新時代の人生戦略について語り合う。
株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.59 億円

業績