新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

538Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事を担当しました。長年中国に通ってきましたが、ここまで「抜かれた感」を強く感じたことは、このスマホ決済サービスの登場が初めてだったかもしれません。ご存知のように、中国のスマホの普及は、ある種、日本などが歩んだ固定電話の普及→携帯電話の普及というルートをすっ飛ばして、固定電話のないところに社会インフラとしての携帯=スマホが急拡大したことに関係があります。そこにアリババやウイチャットという強力な事業者がそれぞれの強みを生かして優れた決済システムを構築したというところにあります。スイカやエディの電子マネーと一緒じゃないかと言われる向きもあるかもしれませんが、根本的にどこか違っているように思います。
冒頭、「日本に遊びに来た中国人の友人からは『日本ってなんでこんなに現金を使ってるの?』と、半分見下したように言われるようにもなった」とありますが、これはアメリカから帰って来ても感じるところ。大げさでも何でもなく、過去にタイムスリップした感覚に陥ります。何が悲しくてレジ前で財布を開いて小銭をジャラジャラせねばならないのか。
「脱現金化」について「私たち日本人には『受け入れる』以外の選択肢は、ない」なんて悲観的に捉えるのではなく、喜んで受け入れたらいいじゃないですか。

先日、上海を訪れた際にWeChatPayを使ってお金のやり取りを試したり、コンビニでの決済を試したりしてみました。「こうやって俺の個人情報は中国当局に抜かれていくんだな〜」と思いつつも、利用体験は圧倒的に良かったです。これ、ぼんやりしている内に日本人のデータはどんどん吸い上げられていくことになると思いますよ。
もはや周回遅れ感がありますが、日本は一時代前のインフラが整いすぎているがために、もしもそうしたレガシーを維持しようとすれば、どんどん時代に取り残されていくことになるのかもしれません。
先々週、中国の成都に出張に行ったのだけれども、本当にキャッシュレス。なんなら、ふらっと寄った田舎の市場の露店ですらアリペイとウィーチャットペイに対応していた。

この普及は消費者としての利便性はもちろんだが、お店側にも理由があるそう。電子マネーを登録するにはIDと中国国内での銀行口座が必要となるため、回収の信頼度が現金より高いのだそう。現金だと偽札などの可能性もある。

その他にもシェアリングエコノミーでのシェアリングサイクルやスマホ充電バッテリーなど徹底的に投資されてたのだが、どれもやはり9億人を超える中国国内でのスマホユーザーと、それに紐付く市場ポテンシャルがあってこそ。
こういうのって実は日本でもすぐに出来るはずなんだけど、余りにも現金信仰が凄すぎでバーチャルマネーを信じられなくなってるんじゃないのかな。
日中間を往復してていつも思うのは、日本は既存産業の発想で作りすぎていることではないかと思います。
中国で普及しているwe chatもアリペイも技術的にはQRコードでOkでセキュリティそのコードを1分で1回変えるとか違う方向性で担保しており、極めてインターネット的発想でハードの力はほとんど必要としないのですが、日本はBtoB系の企業が強すぎてすぐに各金融機関の独自システムになったりしてしまいそう。

根底には中国4大銀行よりもアリババやテンセントの方が時価総額が大きいなどのパワーバランスも影響しているかもしれません。
この記事には、外国人でもWeChat Payを使う方法が実践的に書いてあります(中国人であればさっと簡単に設定できます。この事例は非居住者の外国人がやる方法)。便利さがリアルに伝わってきますね。4月に北京に行ったときは、一緒に行動したピッカーで中国在住の荒井健一さん(https://newspicks.com/user/574589)が、便利そうに使っているのを横で見ていました。

バスターミナルにある小さな売店で水を買ったり、街の小さな食堂でご飯を食べるときも全てWeChatPayでした。結局、まとめて払っていただくことが多く、どこかで私が現金でまとめ払いでお返しする、といったパターンでした。

二次元バーコードは低スペックなスマホでも使え、読み取りさえできればよいので不具合の確率も非常に低いです。小さな商店にある二次元バーコードはプリントアウトしたのを軒先にぶら下げているだけで、支払う側が「微信支付」といってかざして終わり、という感じです。路上の屋台ですら利用できました。

通信環境は、「郊外」レベルぐらいまでしか体感がありませんが、思っていた以上に早いことに驚きました。モバイル支払には十分過ぎる速度でしょう

小野さんのご質問に対しては、詳しい方からのコメントで是非、教えていただきたいところ。

お賽銭については、二次元バーコードというケースがあります。募金等でも利用ができます。また、結婚式のご祝儀で、花嫁が二次元バーコードで受け取ろうとしたら、親戚から怒られた途中注視したというエピソードが中国初のニュースに載っていました。

また、支払以外でもお寺でお坊さんボットを用意している場所もあります。WeChatで二次元バーコードを用意して読み取ると、ボットアカウントと接続できます(LINEの友達登録みたいなもの)。毎日、人生訓が送られてきますし、会話もできます。

次回、中国に行くときは私もモバイル決済を使えるようにすることが目的の一つです。

連載「中国ITジャイアント」のバックナンバーはこちらから
https://newspicks.com/news/2298212
(予告編無料)
北京で駐在してたことから感じたことは、偽札が多い社会ではスマホアプリの方が安全ですね。偽札でなくても、お釣りをもらったときに汚いお札も多かったり、逆に支払いの時に受け取ってくれないお札もあったりします。
通貨の信頼性の高い日本とは違う意味の利便性があると思われます。

>小野さん
地方でも、スマホは通信機器でなくて、生活必需品という感覚なので生活費に占める割合が高くても買いますね。
あとは、スマホ電源など、不具合があるときや法的なところは、一切気にしないというのが、日本以外の途上国のいいところです。まあ後で考えてみようかなという程度です。
個人的には早くキャッシュレス社会になって欲しいですが、以下が気になります。
①キャッシュレスになることによって消費行動がどのように変化したのか詳細な研究結果を知りたい。
②そもそも口座やカードを作ったりできない生活レベルの人や、メンタル的に自制心を持ちにくい人も一定数いるわけで、そういった層が社会の中でより生活弱者として差別されるようなことになっていないのかどうか。
③ ②を踏まえて地方都市や郊外など、どの程度社会に浸透しているのか?
④スマホの電源が、、、とか調子が悪くて、、、みたいなネット環境自体の不具合のフォローはどのようにされているのか?
⑤ 募金箱やお賽銭など小銭チャリンチャリンが財源となっているような事業?は結構切実な問題なのでは?

ご存知の方がいらっしゃったら是非ご教示いただきたく思います。
財布を無くしたのに一週間気づかなかった上海の友人がいます。中国のキャッシュレス社会を象徴するエピソードではないでしょうか。

なお電池切れを心配する声がありますが、中国の場合至る所の電源プラグが勝手に利用できます。カフェ、レストラン、ホテル、公共施設などなど。その辺は皆んな大らか。
キャッシュレスというのは、個人の好みを除けば基本的にデメリットがほとんどなくメリットしかありませんよね。物々交換→貴金属→コイン→紙幣、と来た流れに逆らうことはできないだろうな〜
この連載について
今、中国のIT系企業が世界を舞台に急成長している。孫正義が見出した起業家ジャック・マーが率いるアリババ、そして、13億人をキャッシュレス生活に導くテンセントは、時価総額で世界トップ10入りを果たした。ファーウエイ、レノボ、シャオミといった多数のユニークな中国IT系企業も勃興し、世界市場で存在感を強める。本連載では、特に注目すべき中国IT企業をピックアップし、その特徴を解き明かし、日本企業や日本人はどう向き合うべきかを考えてゆく。