新着Pick
968Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジーに精通しているメディアアーティストの、落合陽一さんに、機械化や無人化がつき進んだ“先”のライフスタイルについてお話を伺ってきました。

19Fという高層階に住んでいる落合さんが、地上にあるコンビニに行かないで、Amazon Prime Nowを愛用しているという話は面白かったです。配達員の方には失礼なのですが、そうした物流や移動が機械化してゆけば、人間がとぼとぼコンビニに行くよりベターということでしょう。

何より未来は半導体工場のようなものになる、という表現にけっこうしびれました。(ただし半導体工場はクリーンすぎて、私は嫌いです)
なぜマトリックスの世界でロボットが人間から養分を吸収しなければならないのか、の理由のようなもんだね
人間がマシーンに近づくために、「熟練の技」を得るための訓練と経験を必要としているにも関わらず、その仕事自体に付加価値が少ない仕事。そういった仕事は早晩、無人化そして自動化されるだろう。本稿での落合さんが言うところでは、タクシー、物流トラック、スタジオカメラマン…、これらの仕事がそれに当たる。

これはもはや避け難い未来だ。中でも、モビリティは、まずは物流を中心に急速に変化するだろう。その方が遥かに安全で、効率的だからだ。ただ、一点留意すべき点がある。本稿で落合さんは記者の質問を受ける形で、スマホの「次」は、VRや、音声認識スピーカーではなく、それは「明らかに自動運転」という。この落合さんの言は100%正しい。ただし、記者の質問は若干ずれている。

人類の進化の歴史は、情報伝達技術(視聴覚情報・金融含む概念情報)と物理的移動技術(ヒト・モノの両方)の発展の歴史だ。これまでのコンピュータ技術の進歩が基本的には情報伝達情報分野がメインであったのが、物理的移動技術=モビリティへと進むのは、人間にとって大きなインパクトだ。

一方で、スマホからVRや音声認識、というのは、情報伝達技術分野における純粋にメディアインターフェースの話にすぎない。もちろんこれらの情報伝達分野の要素技術(例えば画像認識や位置情報認識の技術もそうだ)はモビリティの無人化・自動化を可能たらしめる要素技術でもある。ただその「情報伝達技術」の組み合わせで「物理的移動技術」へと進化させることによる人間へのインパクトが大きいのだ。

物理的移動が無人化・自動化された世界は極めて効率的だ。東京を始めとした日本の大都市の効率性の高さはその鉄道網の存在に因るところが大きいといくつかの都市経済関連の論文でも見られるが、それは鉄道が自家用車に比べ、無人化・自動化に近いモビリティを提供出来ているからだ(しかし、混雑や個人の都合を無視した運行などの経済的不利益は個人に課せらることとなっている)。

人間はわがままな生き物だ。自動運転技術は経済的ベネフィットも高く、個人にとってもストレスを限りなく解消する魅力的技術だ。しかし、技術的に可能であっても、既存のシステムとの軋轢や人間の心理的ハードル、経済的インセンティブの問題から、なかなか普及しない技術が存在するのも事実。果たして、自動運転技術はどうなのだろうか?
AIはどうなる?自動運転はどうなる?という風に個別に考えていくと,現在の社会にAIや自動運転車が出現するとどうなるのかとの発想になります.ところが,全てのテクノロジーは融合し,社会を変革しながら徐々に発展していきます.例えば,完全自動運転が可能なほどテクノロジーが発展すると,VR技術,通信技術も発展し,人は移動しなくなるかもしれない.そうなると,自動車のようなモビリティがなくなるかもしれない.未来の予想は難しい.
落合君はそのキャラが強調されるメディアを通してのイメージと、実際に会った時のイメージがかなり違う。そして、この記事は実際に会って話した時の彼の切れ味が良く再現されていて面白かった。
タクシーがEメールのように手軽な存在にという説明はとても分かりやすいアナロジーです。
そもそもなぜ移動するのか?というのは気になる部分ではあります。GoogleにしろMicrosoftにしろFacebookにしろ、IT関係の企業は一度は確実に移動に代わるコミュニケーション手段について考えているはずで、でもそれが話題にならないということは、会って話すことの価値は遠隔コミュニケーションでは埋めきれないということなんですよね。その意味で人口の集中は避けられないし、都会に住むメリットはモノのサービスだけではないなあと。
「人間は、機械にとっての『酒タバコ』」という考えはハッとするものがあります。人間の非合理性が魅力、そこにこそ、人間と人工知能の共存のヒントがあるんだと感じます。そのためには落合さんがここで書かれているような未来への思考が必要なんだ、ということを感じます。
Emo
地震が少ない上海では軒並みマンションが高いのですが、やはり配達はすごく便利で日本以上に発達しております。
今では店で買うよりそちらの方がよっぽど頻度が高い。これはすでに未来ではなく現在です。

自動運転による地価の変化も同じくそうなると思いますね。もっと言うとVRも加わって移動そのものの考え方が変わると思います。
面白い表現。今の時代に合わせてテクノロジーを駆使したコンテストやオリンピックもあっても面白いですね。
「僕はグーグルに接続していない環境だったら、日本で何番目の学力があります」みたいな競争をしているんですよ。
この連載について
グーグル傘下で人工知能を研究するディープマインド社は、人間の知力を象徴するといわれてきた囲碁で、ついに人類に完全勝利をおさめた。あらゆる産業やビジネス、ライフスタイルが人工知能によって大きく塗り替わろうとしている時代に、グーグルの「頭脳集団」は何を考えているのか。米シリコンバレーでの取材などを基に、NewsPicks独自のインタビューやレポートをお届けする。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア