新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GW明けに詳細のプレスリリース出ると思いますが、4月から我々が継承したマンゴ原宿店は、ECのプラットフォームを最大限、活用し、初月から赤字店舗を黒字化させる事に成功しました。
もちろんコストカット (効率化) だけでなく、売上も昨対比で二桁%増した上での黒字化。
EC側から見るとリアル店舗運営には売上、コスト面で様々な非効率が存在するため、我々は店舗をマーケティング的な位置付けだけでなく、ちゃんと『儲かる』座組で展開して行きたいと思います。
オンライン業者のオフライン/店舗がトレンドになっているが、1、2店舗の開設はそんなに難しくもないだろう。現実には、複数店の運営にスケールさせようとすると急に難しくなる。マーケティング程度に片手程度の店舗の開設をするのは賛成だが、それ以上は期待しない。
既存のリアル店舗が閉鎖される一方で、オンライン小売業が短期契約のポップアップストアを展開しているという話。
流通業界ではあまねく、企画から生産までのリードタイム、商品在庫の回転日数(商品入れ替えの期間)、商品配送にかかる時間、レジ決済にかかる時間、商品を取捨選択する時間をいかに「短期化」するかの勝負に拍車がかかっています。メガトレンドは「時間の短期化」という理解です。
店舗はこれからますます「体験の場」としての価値向上が求められる。

「売場」という面をいくら確保しても成功するとは限らない。お客様は黙っていてもくるなんてことはない。

「体験の場」としての精度を上げることに挑戦する企業が勝つと思う。店舗事業の成功は今やネット業者かリアル業者に関係なく、良い体験を提供して、お客様とのEngagement を高め、維持することから産まれる。

そこにデジタルのエッセンスをどれだけ取り込めるかが鍵だと思う。
時代の流れがものすごく速いので、短期リースというのは正しい戦略だと思います。

陳腐化する前に撤退できる…クレバーですね〜。
あくまでもブランドショップの役割ですもんね。そこが収益源でもないので、好立地に思い切って出店も出来ますし。どこを収益源にするか?で本当に展開に違いが出ますね。
アメリカと日本は小売の事情が異なるので、必ずしもネット業者の実店舗が成功が多いとは言えません。
一方、店舗起点の小売と、オンライン起点の小売だとPLや投資に対する捉え方が異なるので、特にネット業者の実店舗が今後どのように変化していくかは注目しています。
Tanakaさんのコメントを拝読するとロコンドさんのMANGO原宿店の取り組みは既に効果が出ているのですね。素晴らしいと思います!
【ロコンドが新プラットフォーム戦略を発表 MANGO原宿店が戦略基幹店に】
https://newspicks.com/news/2179511
奥谷さんの「体験の場」理論に賛成です。
その体験の場を提供するのが、誰であるかは、消費者から見て重要ではないです。体験と購買を一体化した「体験2」を提供できるプレイヤーが勝つ。

現に、書店で立ち読みをしながら、その場でアマゾンで購入している人を私は知っていますが、「中身の体験」+「重い本を運ばない体験」の二つの体験を、その人はすっかり楽しんでしまっています。
ヤフーがファミマとコラボして、リアル店舗を出したらおもしろいだろうなー!と思います。難易度高いけど。