新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

147Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
弁護士と会計士はお互いに「先生」「先生」と呼び合う閉鎖的な社会ですし、特に弁護士の場合、社会経験や人勢経験に欠ける人も時々います(不幸なことに、裁判官は、もっとそうです)。けれど、世の中のプロジェクト(訴訟対応を含む)を成り立たせるために各専門分野で分業しているというのが恐らく正しい姿であって、誰が偉いわけでもない。そういう意識で、働く人皆がプロ意識を持っていかなければならない時代だと思います。
弁護士が増加することの負の側面に光が当てられていますが、逆に言えば、プロフェッショナルが自然淘汰されていく過程にあるとも言えます。フリードマン的な世界ですね。
むしろ今までが不健全すぎたのではないでしょうか。極端な例なのでしょうが、「弁護士がミスをしても、それに気づいたお客さんが「先生に『間違えている』というのは失礼だ、先生に恥をかかせちゃいけない」と慮って、指摘しない」なんて状況は、どう考えてもやはり異常ですよ。
そう思うと、学生の立場からはあまり良い評判を耳にしない新司法試験や法科大学院の制度ですが、創設の精神をある程度体現しているのではないかという気もします。20代半ばやそこらで取った資格で一生が安泰だなんて、そもそもおかしな話です。
本稿で述べられている内容について、他の弁護士の先生方がどのようにお考えなのかも興味がありますね。
>ある企業が監査を受けたところ、監査法人から「どう考えても弁護士報酬が高額過ぎて、このままでは監査意見をだせない」と言われた例もあります。

過去の経験上、クライアントが訴訟を抱えていないか、を調査する際、法務部に確認する、経営者にヒアリングする、弁護士事務所に確認状を送るなどの手続きを実施しますが、もう1つ、「支払い弁護士費用の金額を確認する」というものがあります。ある程度の相場観を理解していますので、金額が多ければ「何か訴訟案件を抱えているのかな?」と疑問に思い、深く調査することが多いです。
何か急にえらい視座の低い話になってしまいましたね。犯罪者の話ですからね・・・。まあ、業界の醜状を端的に表しているのだと思います。

以前もコメントしましたが、弁護士業界、特に企業法務業界で相対的に参入障壁が高い状況は大して変わっていません。愚直に真っ当に稼業に取り組めば、他業界に比べてずっと生きやすいことは間違いないと思っています。その意味で工夫の余地は非常に大きい。

個人的には(こういう話より)弁護士業としての工夫の余地は何なのかを考える方が楽しいですね。活気があってイノベーションが生まれるための社会デザインの一端を担えるのが弁護士ではないかとかそういう話に興味があります。
佐藤弁護士が「裸の王様」だと言う弁護士のエピソードには驚きました。弁護士がミスをしても、顧客が先生に恥をかかせてはいけないと忖度する。顧問弁護士以外に仕事を頼む時は了解を取る…。随分、弁護士は守られていたのですね。
過去の自分にも言えることなのですが、安定した環境では、バランスを考えた鋭い意見は、思考能力高い方なら、いくらでも言えるのです。困った時はフレームワークをふりかざせばなんとかなるし。炎上も客観的に笑えます。

不安定な環境になって、ヤクザ化せずに、価値と向き合って、耐える力を身につけて、いかに筋肉質な傭兵になれるか。

ただ、傭兵にも限界があるから、仕組みと運用が重要になってくる、必死に構築中(←イマココ)
僕らは稼ぐためには、提供価値こそが命なので、日々真剣勝負ですよー (笑)
非常に真っ当な内容だと思います。

私の働くコンサルティング業界にも同じことが言えます。

外資大手のコンサルティングファームにいましたが、会社のブランドを笠に着て仕事をする者ほどできないコンサルタントでしたね。そんなコンサルほど出世やタイトルを気にしてインサイドワークに勤しむ。そしてどんどん顧客ニーズから離れ得ていく。

要はBy Nameでお仕事を取れないコンサルタントはプロフェッショナルコンサルタントとは言えません。
学者や研究者にもあてはまる。研究者としての競争力向上だけでなく、社会に対して付加価値を示せないと生き残れない時代になっていく。自戒を込めて。
高い職業倫理を要求するために資格を厳しくし、供給を絞った。それが供給を増やした結果競争が起こる、まではいいと思いますけど、一気に弁護士のヤクザ化、ハゲタカ化、まで落ちて行くところがすごいですね。
それほどまでに法律を扱うというのは重いということですね。
これから会計士を目指そうとしている人などに、私はよく「資格でメシは食えない」と言っています。

私自身は、「そう言えば、公認会計士でしたね」と言われるのを最大の賛辞だと思っています。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。