新着Pick
194Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は,「はやぶさ」とか「こうのとり」(宇宙ステーション補給機)から宇宙における無人の遠隔操作あるいは自動化が得意と思われている(思っている人が多い).またロボット技術も進んでいる.一方,有人宇宙飛行は今のところ念頭にない.有人飛行はリスクとコストがかかる.ならば,日本は月や火星に探査ロボットをどんどん送り込んで調べつくし,アメリカが月や火星に人を送ったとき,すでに分からないことはなく,有人探査の意味はないという状態にしてしまえ,と思う.独り言でした.
あくまで個人の意見ですが、僕はこれが本当に将来火星探査に使われるとは思いません。ローバーでは行けない岩場や急斜面にいくために歩行ロボットを使うのは合理的です。でも、人型である必然性は全くありません。

NASAのアクティビティーは、フライト・ミッションと研究に大きく大別されます。フライト・ミッションは既に送り込むことが決まっているミッション。研究は中長期的に宇宙探査に役立てるためのもの。このロボットは後者。まだ火星探査に使われると決まったわけでは全くありません。(ってか個人的には、これがそのままフライト・ミッションになることはないと思う・・・だって、繰り返すけど、人型である必然性はどこにもないから・・・)

ちなみにNASAはもっと合理的かつ実現性の高い歩行ロボットもやってます:
https://www-robotics.jpl.nasa.gov/systems/system.cfm?System=11
六本足。全く人型じゃない。平らな地面は車輪走行でき、不整地のみ歩行します。このようなロボットの方が、現実の火星探査で使われる可能性ははるかに高いでしょう。

土屋先生:地球ですら何万人の科学者が数百年にわたって調べても知らないことだらけなのだから、火星のことが知り尽くされる日は、少なくとも僕が生きているうちには来ないだろうな、と思います。
ヒト型でないといけない理由が希薄。
火星は後付けの理由な気がする。

技術開発は後付けでは良くない。
人型である意味ないっしょ
DARPA ロボチャレ、現地で取材しました。http://diamond.jp/articles/-/73018
正直、2015年の時点で、このNASAのロボット、ちょっと古い感じでした。
なぜ今回、このタイミングでこの記事?
島田さま: ワタシもこれは前から後付けと思っています 製品が二億円なら開発費はいくらなんだろう、と納税者としては微妙な気持ちだなぁ
なるほど、人間より先に人間っぽいモノが先に火星で暮らし始めるのですね。
これに、以前ニュースで報じられていた
・データを宇宙空間に転送して3Dプリンタで現地(月とか)にて資材を調達
とか
・現地(月や火星)にある資源をそのまま住環境整備に必要な資源として使えるようにする
という技術と組み合わせたら

惑星探索して、環境整えて、ある程度住める状態にして
のプロセスまで人間を介さず出来るようになるのかも
キャタピラーロボットも人型ロボットも現場仕事の効率をメインに考えれば臨機応変なんでしょうね。スターウォーズに出て来るドロイドの数々見れば大体イメージは湧きますね。
二足歩行のメリットとして階段を超えられる事などを想定してるようですが、火星の住居は事故を減らすために間違いなくバリアフリーでしょうね。地球ですら転倒リスクが高くて安全索が外せないロボットなのに、火星で使う合理的な理由が微塵も見たら無い。

プロジェクトが潰されないようにするための広報かなぁ。。。