【プロピッカー】人口減少社会の到来は、日本に何をもたらすのか

2017/3/4
2017年3月の「マンスリー・プロピッカー」のテーマは「人口減少社会の生き方」「新・地方創生」「ヘルステック」の3つとなり、合計13人が就任します。
各プロピッカーは、どんな問題に関心を持ち、どんなコメントをしてくれるのでしょうか。今回は、「人口減少社会の生き方」に関してコメントする4人からのメッセージをお届けします。
※各テーマに詳しいピッカーの皆様を紹介する「おすすめピッカー」ページはこちら
人口減少社会の“光”も見るべき
村上由美子(むらかみ・ゆみこ)
上智大学外国語学部卒業後、スタンフォード大学大学院修士課程(MA)を修了し、国際連合へ。国連開発計画や国連平和維持軍などで任務にあたる。退職後、ハーバード大学大学院経営修士課程(MBA)に入学。修了後、ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任
私は、経済協力開発機構(OECD)などのグローバルな環境で仕事をしてきた経験も踏まえて、「いま日本で起きていることは、国際的にみた場合はどうなのか」という視点でコメントできたらと考えています。日本と海外を比較することで、新たな発見やヒントが生まれるからです。