新着Pick
610Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
●イノベーション人材を求める流れについて
個人的には新卒、中途に限らず来た人には会社や世の中を変えて欲しいなと思ってますが、まず最初に変わらなければいけないのは会社の方じゃ無いかなと思ってます。「イノベーション人材求めます!」みたいなところって、これまで採用してきた人たちがダメって決めつける流れ感じもあるんじゃないかなと思いまして。ダメと決めつける前に、なぜ変化が起こらないのか、その原因をちゃんと考えればほとんどが組織や文化にあるということがわかるんじゃないかなと思ってます。

「今の社員だけでも日々新しいアイディアが生まれてるけど、あなたが入ればそれがもっと進化する気がする!」という状況の方が、惹きつけられそうですよね。

会社を変えたいのなら、少なくとも初任給じゃなくて自分たちの行いじゃないかと思ってます。

手法なら僕らも「エゴサーチ採用」を通じて入社してくれた新卒の子が2年目で子会社の取締役になってくれましたが、そこまで活躍できたのは本人の努力が100%で勝手にそこまで成長してくれただけだと思ってます(笑)

●就社ではなく職業選びをという点について
自分にとって人事が一生かけて追求したい職業かなーと考えましたが、そうではないかなと(笑)これまでIT企業に6年間居て採用の仕事自体が無くなったこともありましたし、大事なのは職にこだわることよりも変化に柔軟であることかなと思ってます。
話がやや極論になっている気がします。たとえば、東大生には競争に勝つという「能力」があるのだし、その根性や地頭の良さを否定する企業は少ない。また、スポーツや特定の能力に優れた人材を採用する傾向があるのは昔から同じである。ただし、今までは東大卒で特定の技能を持たない人材と、特定の技能を持つ人材をいっしょくたにして同じスタートラインで研修を始めていたものを、ゼネラリストとスペシャリストに分けてキャリアをスタートさせましょうという話です。そしてそれは正しいし、いずれは新卒一括採用なんて、ゼネラリストだけの採用にしか意味をなさなくなるでしょう。でもゼネラリストが要らなくなるというわけでもない。人には早咲き型と遅咲き型があります。焦らなくていいです。
近年の就活では、「ふつうの学生」がしないような経験を積んだ「プロ学生」が台頭し、従来の就活の枠にとらわれない選考プロセスに進んでいます。
彼らは、ゲノム編集ワークショップの主催やマーケティングビジネスの経験、さらにはこれまで自分が制作してきたアプリなどを「ポートフォリオ」として選考時に持ち込んだりして、他の学生を圧倒するプレゼンスを獲得しています。企業側もそこに目をつけ「ナンバーワン採用」なる取り組みを加速。双方の「エッジ志向」がますます加速しています。
そのようななかで、果たして「学歴」という変数は、どれだけの意味をもつのか?
ぜひ、ご覧くださいませ。
自社で育成するという考えよりも、既にある程度ある特定の分野で「育っている」学生が重宝され始めているということでしょう。これからの働き方(終身雇用からプロジェクト型、フリーランス型へ)を考えれば、偏差値教育の終焉というのは想定以上に早いのでは。

基礎的な学力における落ちこぼれを予防することは大切ですが、応用的な領域ではAという教科で落ちこぼれても、Bという教科が得意という子どもの存在を肯定していく学びは重要になると個人的には考えています。
ちと書き方が煽りぎみ、極端なのはスルーすると、まずすごく無邪気に言えば本当に優秀な人がいれば厚遇で採用するというのは年功序列を打破し、大学での教育の重要性を人々が認識する方向で良いんだと思います
一方リアルな現場を想像すると、企業が「特別枠」採用をするときの大抵の失敗例は「その他枠」の社員との軋轢があったときに会社が「守り続ける」ことができず潰れてしまうことでしょうか。「他社もやってるから」という理由で、受け入れ側の覚悟がないままこういう採用に踏み切っている会社も多そうで、その後のキャリアパス設計までできてないケースが多そうな気がします
大学に身を置くものとして,「プロ学生」は,なぜ普通の学生から「プロ学生」になったのか興味がある.そのために,できることは何か? 最近はただの座学以外の取り組みも行われている.一方で,退屈と言われようが,浮ついた取り組みだけでなく,きちんとした基礎学力を「プロ学生」も含めたすべての学生に身に着けさせるのも大事.また,20代そこそこの人間の可能性なんて分かるものではない.99%や,あるいはドロップアウトした元学生にとっても,志に応じたチャンスがある社会であって欲しい.
おそらくこういう人のことを言っているのだろうという学生を知っているが、彼らは学生の中では別格。

そして悲しいかな、そういう学生は大概都市部のまたさらに狭いコミュニティに集まっている印象。

むしろ今後の伸びしろと、若さゆえの柔軟性(組織にも、人にも、脳みそも)を考えたら破格と言われる給与額以外でさらにインセンティブが出てもおかしくないくらいでしょう。

‥‥‥‥ただプレッシャー半端じゃないと思いますし、彼らを思う存分働かせられる組織の体制や上司が揃っていないといけないとも感じます。そして何より飼いならした時点で価値がなくなってしまう人たちです。

正直扱いに苦慮するのは間違いないでしょう。

全国の学生が読むのだと思いますが、これはごくごく稀な例であることを知っておいていただきたい!
プロ学生に高い報酬を支払うのは期待値からして当たり前ですし、どんどんやるべきと思います。結果を出してるし、死にものぐるいの努力をしているはずなので当然です。

ところで、採用して芽がでるかは確率の問題であるように思いますが、この"プロ学生"も同様です。リクルートにいると高学歴以上しか出会いませんし、プロ学生みたいな同期もいました。しかしでは全員が大成功(※ここでは高い成果と定義)したかと言うと全くそんなことはありません。なので、マクロでみたら成功率の差分であり、年収から数年後期待値を出せばROIは間違いなく合いそうです。※書いてて思ったけど、資産としてDCFで割り出せば良いのかも。

高い成果(期待より上)を出す確率はおそらく、、
低学歴=5%くらい?
中学歴=10%くらい?
高学歴=20%くらい?
プロ学生=30%くらい?

なお私は低学歴なのでこのことを話せますが、高学歴な人が言うと嫌味なので言えないというジレンマがあります。笑
たくさん新卒と面接してても、プロ学生の子は確かに1%くらいは混じっていて、そういう子たちは別枠な感じなのは納得。特にエンジニアはそれが明確だろうけれど、文系の学生でも経験やスキルがのほほんと大学生活してた他の子とは全然違うし、ヘタな中途よりずっと即戦力。こういう流れは当然だと思う。
学歴だけでは見ないけど、そういう抜群な子の学歴はそれなりに良い子ばかりだと思うけどな。
私の学部向けの研究会も、ここでいうプロ学生をターゲットにリファーラルで積極採用しています。
というか、慶應SFCそのものが、ここでいうプロ学生を育てる為のキャンパスです。社会人三、四年目以上の能力を持つ学生がたまにふらっと登場するのは、このキャンパスの面白さなので、それを更に加速させて、幹部候補生を大量輩出できる学びの場として進化させなければ、と思う次第です。
この連載について
東大、早大、慶大──ハイエンド就活生──に異変が生じている。 企業での実務インターンや起業、AIやデータ解析の研究などを経験し、高いスキルを持つ学生──名付けて「プロ学生」が登場。彼らは通常の「新卒」には収まらず、高額初任給の提示、最初から幹部候補として採用、はたまた彼ら向けの部署を用意といった厚遇を受ける。学生にも確かな「スキル」「即戦力」を求める時代が到来しつつあるのか。採用チャネルも多様化し、同じ上位校の学生の間でもプロ学生と普通の学生との間で格差が増大する時代。カオスと化したニッポンの就活は、どこに進むのか。その最先端を追う。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績

株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.06 兆円

業績