新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

67Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネスレも数年前にペプシコから買収提案を受けたが、当時の会長ピーター・ブラベックが拒否した。理由は、ネスレの長期ビジョンである”栄養、健康、ウェルネス企業”とペプシコの商品ポートフォリオが合わない理由からだった。一緒になれば当時でも時価総額45兆円を超える企業の誕生だったと記憶する。この案件の成否に関わらず、世界企業の再編は業界の垣根を超えてこれからも加速するだろう。
日本で例えたらサントリー(売上高2.6兆円)が花王(1.5兆円)を買収すると言ってるようなものですが、クラフト・ハインツの売上高は3.4兆円、ユニリーバは7.5兆円なので、スケール感はさらに一回り大きいです。
実現した場合の16兆円という買収価額はDow ChemicalによるDuPontの買収(どちらも米国企業)を抜いて過去最大級となりますし、米国企業による欧州企業の買収(あまり大きな事例はない)としては異例のスケール。
大きな潮目として、米国や中国企業が英国を中心とした欧州企業を買いに行く流れ(欧州は拒絶スタンス)が加速するように思えます。
ユニリーバは一応けんもほろろですね。「フィナンシャルにもストラテジックにもメリットなし」。再編がユニリーバまでくると、アフリカにも関わってくる。

http://www.independent.co.uk/news/business/news/kraft-heinz-has-approached-consumer-goods-giant-unilever-about-a-possible-merger-a7585336.html
えっ?逆じゃないの?というのが最初のリアクション。というか、それが合併してもメリットよりもコストが大きい?が次のリアクション。というか、単なる市場への空砲?と感じているのが今。
ハインツはアメリカでの食品が中心の企業。ユニリーバはユニリーバはパーソナルケアの「AXE」「ダブ」「ラックス」、食品では「クノール」「リプトン」など。競合するところは少なそう。また、ユニリーバは昨年、「ヒゲ剃りのサブスクリプションサービス」を提供する米国のダラー・シェイブ・クラブを10億ドルで買収したことでも話題になった。
NYTによると、1430億ドル(16兆円越え)での買収提案とのこと。
https://www.nytimes.com/2017/02/17/business/dealbook/kraft-heinz-unilever-deal-.html
アメリカの持ち株会社が持っているイギリスの会社がオランダの会社に買収提案。両方ともグローバル企業。
企業活動は業種を問わず、国を超えてマーケットを見るようになっているのに、トランプさんはじめ国境で区切って何かしようとする国という単位はその流れに竿を頑張って指しているように見える。軋轢が起きて当たり前だよなぁと思う。
KraftとHeinzの合併だけで衝撃でしたが、さらにUnileverとは驚きです。別記事によれば提案額は1430億ドル。提案は拒否されたとのこと。

UnileverにはHellmann’s(マヨネーズ)やKnorrなどのビリオンブランドがありますが、売上の過半数は日用品。食品系ではイマイチと評価されたものはどんどん売却している印象。ミツカンに売却したパスタ事業や、やや不振のマーガリン事業は売却の話が出るなど。
買収したところで両者にどれくらいのメリットがあるのだろうかと考えてしまいます。
すげえの来たな。
金額規模が凄すぎることに。
ん、ユニリーバが買収、ならわかるけれど、ユニリーバを?
クラフトハインツよりユニリーバの方がブランド価値が上なので、相当な額でないと難しいでしょう。
Noといったユニリーバは株価も上がり、美味しかったですね。ああ、これが株を上げた、ということか。

業績