新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
名古屋エリアの百貨店No.1の「ジェイアール名古屋タカシマヤ」。催事の盛り上げ方に長けていて、バレンタイン関連売上の実績では日本一とも言われます。4月17日には新館「タカシマヤゲートタワーモール」が開業予定で、名古屋初出店の「メゾンドリーファー」等の151ショップが入居します。

既存の店舗と合わせた売場面積は10万平米となり、国内最大級の巨艦店になります。そこへ向けた仕掛けとしては、バレンタイン催事は大成功だったと言えそうです。
ファッション感度の高い専門ビルを隣接させて集客力を高めるやり方は、玉川や柏で成功させてきた高島屋のお家芸です。

ただ何度も申し上げてますが、日本の百貨店の構造問題は、①店が過剰、②勝ち組の店舗の多くが電鉄企業が保有する駅ビル。
名古屋の高島屋はその最たる例で、「ジェイアール名古屋タカシマヤ」は発行済株式の59%を保有するJR東海の連結子会社。高島屋は33%を出資しているに過ぎません。
かたや、名古屋駅前に集客力を奪われる一方の栄地区にある松坂屋や三越は、百貨店が自ら不動産を保有するレガシー店舗です。
今年のバレンタインは市場規模は前年比3%増の1385億円(過去最高)を見込まれていました。要因の一つとして、義理ニーズのとれる平日が3年ぶりだったという事もありますが、各社の結果が楽しみです。
ちなみにあまりあてになりませんが、総務省家計調査と世帯数をもとに昨年のバレンタインデーのチョコレートのみの市場規模を計測すると、432億円程度になります。ということは、バレンタインデーはもはやチョコレート以外の市場規模のほうが大きいということになりますね。
ジェイアール名古屋高島屋の2017年バレンタイン催事売上高が約22億円とのこと。なお、報道によると、バレンタイン市場規模は約1,340億円となっています。
https://newspicks.com/news/1859278
バレンタインのチョコ縛りがなくなりつつあるのも、あるのかな。トレンドの変化かな。ちなみに私は特にお世話になった方へは、フラワーバレンタインな感じです!
こちらのデータでも、本命チョコより「自分用チョコ」の方が予算が高くなっています。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/6937

ハロウィーンに市場規模で抜かれたなどと言われていますが、やはり大きな市場です。
名古屋駅高島屋のチョコレートで22億円

チョコレート平均単価2,000円だとして、100万個

1人あたり義理も入れて2,3個買ってるとすると、20-30万人が購入

名古屋駅高島屋の年間来客数が3,700万人らしいから、1日あたり平均10万人

バレンタインだし2,3倍くらいは来そう

名古屋人口220万人だから、半分女性として、110万人。チョコ買いそう×高島屋行きそうで言うと、20-40代くらいだとすると、10代あたり10万人だとすると、30万人くらい

まあそんなもんか。

ちなみに人口は、大阪260万人、横浜370万人だけど、都市的に行くところ分散してそうだからここまで一極集中して儲かるところもあまりなさそう
これが全部本命チョコでの売り上げなら、恋している人が沢山居ていいですなぁ、となるのですが 笑
職場の部署の女性陣から毎年男性陣に配られる、儀式スイーツもこの中にもちろん含まれるんだろうな。 今年はクリーム入りアンパンを頂きました。本当にありがとうございます。
それにしても名古屋の商業施設が常に活発なのは不思議ですね。
恵方巻きとか駅弁もそうなんだけどちょっと楽しいなって思い始めたら各社毎月いっせいにやり始めてお祭り感がどんどん薄れる。逆チョコとか友チョコとか言い出して季節感が薄れまくり。タコが足食ってるような感じ。
義理チョコという摩訶不思議な習慣により、ガラパゴスな日本式バレンタイン需要が拡大したのはまあ歓迎すべきなんだろうが、それでもたかだか1300億円程度。景気浮揚とは程遠い。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.79 兆円

業績

時価総額
1,513 億円

業績