新着Pick
1080Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正直に申して、僕が小池さんの都知事選を陰ながら応援し始めた昨年7月初旬時点で、僕の中では待機児童問題に関する知識はゼロに近かった。チームは一気に学び、現場を見て見よう見まねで政策を立案してきました。当選後、鈴木先生が顧問として参加して戴いたお蔭で、それまで描いていた「イメージはあれど具体策に至っていなかった」ものの肉付けが一気に進み、政策を次々に打ち出すことができました。なんと就任1か月後には、ここで述べられているような具体策と共に補正予算案を作るところまで一気にやり遂げることが出来たのです。本文中に説明がなくてわかり難いのですが、東京都の場合、認可保育所・無認可保育所の間に、東京都独自の基準で認証保育所というのがあり、補助や待遇改善が進めば無認可でも認証保育所が増えるはず。待機児童問題は一気に解消に向かいつつあります。これも文中に指摘されているように、小池さんには既得権益とのしがらみがなく、改革に制約がなかったからこそできたことでもあります。

小池都政というと、豊洲とかオリパラの会場問題ばかりメディアが取り上げがちですが、実際には、こうした待機児童問題・介護問題への取り組みや、環境・金融先進都市への取り組みなども飛躍的に進んでいます。
理論とリアリティ。経済学と生々しい政治。双方の視点が詰め込まれているだけに、鈴木さんの話にはとても説得力があります。

「もう何をすべきかはわかっています。あとは行動するだけです」

取材後、鈴木さんはそう話していましたが、今後は学者も、行動力なくして価値を発揮できない時代になるのかもしれません。

鈴木さんが大阪「あいりん地区」の再生に奮闘した記録、『経済学者 日本の最貧困地域に挑む』も読み応えがあります。
待機児童問題の構造的原因が大変よくわかる素晴らしい記事。知らないことばかりでした。
幼児の保育コストは一人あたり15〜20万円で赤字分は税金頼み、魅力的な支援を打ち出すと子供が集まりさらに財政が厳しくなるという行政の問題、「保育は福祉」という昔の位置づけのまま既得権益化して選挙での集票力も活用し新規参入を拒む業界。
いずれも、構造的なもので、複合的な取り組みが求められますね。だからこそ政治が動く意義がある、ということでもありますね。自治体の個別の取り組みも重要ですが、国レベルで動くべきことと感じます
「ゼロ歳児のお子さん1人当たり月40万円かかるのにもかかわらず、保護者は平均的に2万円しか払っていない。実態、ほとんど税金で運営されている。また保育園を建てる際、一般的に、土地は自分のものである必要がありますが、建物代の87.5%は税金で負担してもらえる」
「殆どが世襲の社会福祉法人で税金がタダなので、株式会社の新規参入をよしとしない」
「東京と横浜の違いは、区長の選挙があるかないかで、保育園は票を持っているので、既得権者に付きやすい」とのこと。
しかし、小池知事のリーダーシップは本物なので期待できるとしています。頼もしい限りです。
これは是非、多くの人に読んで欲しいインタビュー。待機児童の構造的な問題点とその問題に対する東京都の本気度が理解出来ました。特に東京都が土地を保育所にタダで提供するというのは凄いですね。代々木公園の中に保育園を作れるようになったのはこの為だったんですね。
仕組みとしての待機児童の問題と東京都固有の問題が整理されていて、理解が進みました。特に首長が選挙で選ばれるか否かが影響している「やったもの負け」は確かに。これは悩ましいです。

政策についても「やる」という意志が明快ですね。この数カ月でここまで進められていらっしゃることに驚きました。

待機児童の話題が出た時には、逐次読み直したい記事。とても勉強になりました。

追記:
今日はオリジナル記事も多く、記事が埋もれがちですが、これはぜひ多くの人に読んでもらいたい内容。有料記事なので総合トップにはもってこれないでしょうが、何か工夫ができるといいですね。
非常に良記事。大変勉強になりました。但し、『社会全体として見ると、「働きに出ずに、自分で子どもを育ててもらったほうがコストは安い」という矛盾が生まれてしまう』という点については、保育が将来投資であることを全く考慮に入れておらず、明確に誤りだと思いました。鈴木教授のご見解というよりは既得権益層がそう考えているという文脈なのかもしれませんが。全ての子供は国の宝です。
保育士の給与がアップしても、配分がどうなるのか? また親族職員への配分は・・・という問題も残りますね。
良記事ではありますが、
「月8万円の収入を得るために、38万円の公費がかかっていることになります。」
というのは、ちょっと待てよという感じです。月8万は母親のみ収入。実は父親が長時間働き収入を得るために、母親が働く時間が削られるので、低収入になる。父親との収入合算で考えれば、この社会的なコストは仕方がないと思います。また育児の状況は変わって行くので、月8万からだんだんに増やし、もし正社員としての稼働となれば、年収もアップしていく。働くことが途切れないことも重要です。
リアルに2020年には子育て環境が一変する予感。
志と行動力があって、しがらみのない政治家は本当に世の中を変えて行きそうな期待感がありますね。
これは、分かりやすいインタビュー記事。今までなんで待機児童の問題が問題になっているのかいまいちピンとこなかったけど、完全に府に落ちました。小池都政には期待が持てそう。
この連載について
長きに渡って語られてきた少子化の問題。しかし、印象論が先行し、少子化を解消するための深いソリューションと行動が足りない。少子化とどう戦えばいいのか? 各分野のトップランナーの提言と海外事例を通して、「少子化との戦い方」を探る。