新着Pick
533Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕組み的にネット販売に向かないことは重々承知していますし、随分前にも同じことを書いたことがあるのですが、そもそも百貨店ってネット販売なんてする必要があるのでしょうか。

個人的には、ネット販売より、中心街の一等地にあり、対人販売が主という、そのモデルをもっと生かした方がいいと思うのです。

例えば、ご近所で外商をよく使っているところがあったのですが、あれって究極の富裕層ビジネスなんですね。馴染みになると、およそ何でもやってくれます。

私も大阪にいた時は、阪急のお帳場カード(外商カード)を持ってましたし、ファッションに疎いもので、ファッションコーディネートサービスとか使っていました。
目利きって意外と難しいもので、情報が溢れかえっている世の中だからこそ、プロが選んでくれる安心感とかある訳です。
趣味趣向の世界は、なかなかリコメンドや人工知能で置き換えられないし、高齢化が進んだ日本では、余計でしょうね。

ネット時代だからこそ、最高の立地に、リアル店舗を持つデパートは、ネットでは不可能な、最高のヒューマンtoヒューマンのサービスを提供できる場として機能できる可能性があります。

単なる物売、ショーウィンドウから、物を媒介にしたコンシェルジュサービスに脱皮できたら、百貨店はまだまだ面白い業態なのではと思います。

私は百貨店はネット販売の様なお客様からも望まれていない、不慣れなことに力を注ぐより、もっと人に投資すべきではないかと思うのですよ。
百貨店さんとは色々、やってますが、構造上の問題はもっと根深いんですよね。
例えば、JANコードがあってもそれとは別の百貨店の店舗毎に異なる値札を貼らないと売上が立たない、なんて事もまだまだありますし。
つまり百貨店のネット販売を広げようと思ったらEC人材を雇うだけではダメで、会社全体のシステム改革、ならびに店舗のオペレーション改革も同時にやらないといけません。
これはかなりシンドい改革のため、なかなか進みませんが、我々もその一翼を担えればと思います!
記事の中で高島屋が買収したECが「セレクトストア」と記述されてますが、正しくは「セレクトスクエア」です。orz
特集記事を書いたライターさんも校閲する人も読者も気がつかないくらいの知名度なのだから、そりゃ売れませんね…。
商品を変革させることができず、流通を刷新することもできない。ネットを放置したままの状態で、店舗のリニューアルも進められていない。もし、これが百貨店の現状だとしたら、完全に重病人ですね。もし、本気を出すなら、セブンのように商品開発に自らが大きく関与することもできたでしょう。在庫情報の詳細把握までできる仕組みがあれば、東急ハンズのような戦術もとれたかもしれません。ネットに関しては投資するか否かだけなので言い訳の余地もありませんが、店舗を刷新するのはユニクロとビックカメラとの協業で生まれた「ビックロ」に先を越されてしまいました。

本稿の本題に戻りますが、私が疑問なのは、実店舗に依存し、好立地にある百貨店が、単なるネット販売を手がけて意味があるのかというものです。百貨店はそのディスプレーや店員の丁寧な対応が強みなので、そことの連携を活かしたネット販売ができたら面白いと思います。ありふれた商品写真ではなく、いっそのこと店舗写真の活用を考えてみる手はないでしょうか。あるいは、スマホでのビデオチャットなどの進化系を取り入れるなど、みずからの強みを含めた新しいやり方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
私、買い物は、イギリスの百貨店の通販で買っています。するとヨーロッパからでも、3日ぐらいで届きます。また価格も日本の店頭で買うよりも、圧倒的に安いです。日本の百貨店が、かりにネット販売にこぎつけたとしても、海外対応の出遅れに対応していかなければ。ユーザーの立場からシンプルにみても・・・日本の百貨店大丈夫か、と思うことばかりです。
昔ながらの商慣習などもあるのでしょうが、おそらく百貨店内の空気としてネット販売に前向きではないのでしょう。

ネット販売市場は、今や大変なレッドオーシャンです。
中途半端に参入してもそれほど収益に貢献はしないでしょう。

もし私が経営者であっても、革新的な手法でもない限りネット通販に前向きに取り組みたいとは思いません。
百貨店のレゾン・デートルに関わる問題ですから。
百貨店は「B to C」のように見えて、実は「B to B」の企業です。ユニクロの柳井さんがどこかで『小売業は在庫管理がすべてだ』と発言されていたと記憶していますが、その伝でいえば在庫リスクを背負わない百貨店は小売業とは言えないのも知れません。消費者に生身で向き合ってこなかった商法のツケがいま来ているように思います。すみません、偉そうに言っていますが、新聞社も全く同じ構造です。
百貨店に限らず、インターネット以前でリアルのサービス展開をしている大企業のインターネットサービスはなかなか辛い。中にナレッジがない。そもそも人材がいない。

人材面の課題は構造上の問題がある。インターネット業界は新しい産業で、風土はスピードが早く風通しも良いことが多い。一方、上記の業界は別。そうすると優秀な人が行かないし、行っても定着しない。

だから早期タイミングでKADOKAWA・DWANGOのような座組みがどんどんあるといい。
店長が在庫をECと取り合うからだよ
すべての小売店でネット販売が進むべきだという前提について、私は理解できません。得意・不得意もありますし、対面での販売でこそ古くからの百貨店らしいサービスができるというこだわりを持っているのだとしたら、それを単純に悪いと決めつけるのはどうかと考えます。ネット販売でこそ収集できる顧客情報もある一方で、対面での販売でこそ収集できる顧客情報もあるのですから。顧客に対しての情報発信についても同じで、ネット販売がいつでも勝ると思い込むのは、どうかと私は考えます。