新着Pick
490Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の件は残念ですがこれはDeNAが大手で目立つからという側面もあります。
但し医療情報にはまだまだ問題が山積みしています。
美容医療はもちろんエビデンスが曖昧な自由診療のガン治療サイトなど。

このような問題を繰り返さないために我々医療従事者が何ができるかを考え、今後ネット系に強い医療関係者を中心に団体を立ち上げることにしました。来月シンポジウムも予定していますので「医療情報」という「重要な医療インフラ」について御興味がある方は是非ご参加下さい。どこかで告知致します。(宣伝失礼しました)
自分が病気(特に癌)になったとき、藁をもすがる思いでネット検索すると、山のようにインチキ治療を謳う病院が出てきます。
これに騙されないのはそれなりのリテラシーが必要です。

日本は幸いにも、希望の医療機関を受信することがそんなに難しくない制度なのですから、大病のときはちゃんとした医療機関を受診して下さい。
内容の間違い、コピペーによる記事の乱造という告発内容を考えれば、決断が遅すぎるかもしれません。
なぜ、最初から全記事非公開にせず、「「公開されている記事」について、専門家に対する医学的知見からの監修の依頼を開始する。また、読者向けに「記事内容に関する通報フォーム」を設置する。(11/25)」という処置で最初はすませようとしたのか疑問が残ります。
止めるほうが簡単、再開するほうが難しいと思う。情報の信頼性を担保するコストは、問題になるまでは大体意識されないが、問題が起きてからでは遅い。これだけ痛い目を見ているからこそ、その怖さも知っているだろうし、徹底したうえで再開するというのは、個人的には「難しいからこそ」期待したい。
周りから今まで以上にチェックされるし、チェックされたうえで元のSEOとかでちゃんとした情報がユーザーに届くのであれば、それはユーザーメリットに資するもの。
剽窃問題と合わせて、資金があるのだから、そこも活用して大企業だからこそできる対応を期待したい。
そもそもそんなにイイもんじゃない。欲望への速度が速すぎる。下品な商売。
これは今後も継続監視していかないとまずいような気がするねぇ
昔から毎日ブログ読んでいた永江さんのブログの力がカイリュウ並みに強力になっている。今や「やまもといちろう」砲と並び称される影響力。まさに「永江砲」。
閉鎖ではなく非公開化・改善しサービス存続と。既存記事の利活用は、剽窃の疑惑もあり難しいのではないか。
昨日今日はじまったサービスではないはず。カスタマーであるはずの一般消費者のリスクの軽視、医療やヘルスケアが依るべきサイエンスの軽視、これまで社内で対処されてこなかったという社内統治のありかた等、体質的な問題のような。
WELQの全記事非公開になるとのこと。今後、社内で体制を整えて再出発になるようだ。
たまたま先日個人的に調べたい体の不具合をgoogle検索したら上位4つぐらいが、このwelqのサイトへのリンクだったが、宣伝チックで全く欲しい情報に辿り着けず、すぐ離脱して他のサイトを探したのを思い出しました。まさかDeNAが運営していたとは…。

パクリキュレーションも然りだけど、情報発信をビジネスにするからには情報の信ぴょう性についてはしっかりと管理するのが当然。

百貨店に勤めていると、表示物、媒体の文言はかなり厳しくチェックするよう義務付けられている。頭が痛くなるほど校正に時間がかかっている。勿論根拠が証明出来ない謳い文句は絶対NGだし、医療関係、美容関係は規制が本当に厳しい。
「販売」しているから、という理由で罰則が半端なく厳しく課せられるのに、販売主でない雑誌などは、危なげな表現で「本当に?」とツッコミたくなるほどかなり自由に表現している事、ずっと疑問と不公平さを感じていた。
販売してようがいまいが、同様に規制されるべきだと思うので、この件をきっかけにメディアも心を入れ替えてくれる事を願う。
株式会社ディー・エヌ・エー(英語: DeNA Co., Ltd.)は、インターネットにおけるオークションならびにショッピングサイト、およびモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
3,514 億円

業績