マクドナルドはなぜ急速に業績回復できたのか?

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
800Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ユーザー目線で地道な努力をコツコツと、ただし素早く動くこと。
人気 Picker
マックの商品は他に替えが利かない感じがします。
私も定期的にマックのポテトを無性に食べたくなる。。。
加藤さんのような禁断症状が、多くの人々に出始めたのかもしれません(笑)

冗談抜きで、依存症になる物質が含まれているという考えがあります。
「ファストフードが世界を食い尽くす」という本だったと思います。
あれを読んで、娘にはあまり食べさせないようにしました。
マックの記事が出るたびに一貫して「叩きすぎ」というコメントを書いてました。
個人的に一番しっくり来たのは下記の記事
https://newspicks.com/news/1707575
マックというのは本質的には「ワクワク」を提供することが価値、という定義は非常に納得。そういう「体験価値」を提供できるユニークな存在なわけで、それを追求し続けられるかですね
ただ、じゃあそれで儲かるのか、というのはまた別の話。そろばん勘定は別で合わせないといけません
日本マクドナルド株は流動性が無さ過ぎるゆえにまともに分析したことがないので、分かりません(キッパリ)。
下記今年の4月の月次で、自分が過去どういったコメントしてきたかを検証した(比較的あっていたので、こういう検証は苦にならない。苦になる検証のほうが為になるのが事実ではあるが、心が折れそうになるのとの戦いでもある)。
それぞれの時点でのコメント欄を見てみると興味深い。
https://newspicks.com/news/1498603?ref=user_100438
ファウンダーの藤田田氏をはじめ、八木康行氏、原田泳幸氏、サラ・カサノバ氏という歴代社長のもとで働き、現在は代表取締役副社長兼COO(最高執行責任者)を務める“マクドナルドの大番頭”下平篤雄氏にインタビュー。

お客の側からすると、新メニューとか店舗の閉店とかが目立つし気になるのでそのへんをつい突っ込んでしまうのですが、下平さんが繰り返し強調していたのは、既存店への手入れ(店舗改装)とか掃除の徹底とかスマイル0円とか、どちらかというと"地道な話"が主流。外食産業って派手に見えても、実際はそういうのが大事なのだろうなあ……と改めて思ったのでした。

ちなみに、マクドナルドの業績についてもっと長い期間で見た記事も出しています。こちらも合わせてどうぞ。

マクドナルドの「復活」は本物か
http://president.jp/articles/-/20514
おれ滅多にいかないからやっぱりわからない。
カサノバ 経営バッシングに参加した者の一人として、この記事を謙虚に読みました。
経営者は、結果が全て。彼女は結果を出しました。
結果を出した方には学ぼうと思います。
とにかく基本の徹底。原点回帰。お客様視点での改善。それに尽きると思います。ある程度ブランド力あるから、安心&安全&おいしさ&たのしさを表現できれば大手は必ず復活できる。優秀な人も多いでしょうからね。あとはこれをどのくらい長く維持できるかですね。
色んな意見があると思いますが、子どもがいると本当に便利。
と思ってKatoさんのリンク先を見たら、やっぱり子どものことを書いていました。

ちなみに、佐世保バーガーと呼ばれる以前から佐世保でハンバーガー食べてた自分にとっては、あんまり美味しくはないです。
ただし、ポテトは除く。
世界的ハンバーガーチェーン。直営とFC中心に全国に店舗展開。顧客のニーズに合わせた新商品の拡充を進めるとともに、既存店舗のリニューアルや新規出店にも注力。全国でドライブスルー対応を可能にする方針。
時価総額
9,267 億円

業績