新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事の冒頭で紹介した、「ハッカーと画家」という本は、2004年に執筆されながらも、いまだに色あせない魅力をもっている名著です。

シリコンバレーの著名なインキュベータ「Yコンビネータ」の創業者でもある、ポール・グラアム氏は、画家もプログラマーも、作品を試行錯誤して創りながら、新しい革新を世の中に送り出していると説いています。そしてイノベーションは、大企業や学校では、生まれないとも。
http://amzn.asia/8M92BUS

ハードウェアの聖地である紅いシリコンバレー・深センでも、新しい起業家たちが、そんな試行錯誤を続けている。その動向を、この特集のいったんの終章として書きました。
「Seeed」という会社は初めて知りましたが、面白い存在の会社だと思います。ただ、どう利益を出せるのか、全く想像がつきませんし、高度な品質のものがどこまで作れるのかが未知数ではあるので、大きく成功するような感じはしません。ただ、ハードウェアの部分でもイノベーションが起こりそうなウネリを奥底に感じます。

印象的なのは深圳のコミュニティは欧米とのコネクションが強そうなこと、この辺が日本とは異なるところ、この違いはどこから出てくるんでしょうか。

高須さんと「Seeed」の記事はいくつかあったので、シェアします。
http://thebridge.jp/2015/06/shenzhen_seeed_studio
http://www.recruit.jp/meet_recruit/2016/07/gl15.html
世界の工場は、これからも世界の工場であり続ける。そんなメッセージを発信しているようにも思えました。
製造、組み立てを中国以外へ移管する企業は多いですが、「クラウド深圳」の様な仕組みを構築出来ている国はあるのかな。あったとしても、中国並の規模や先進性は直ぐに構築出来ないと思われる。中国の製造工場としての役割が新たな需要に応える為に進化していて、ここから新しい何かが生まれてくる可能性を十分に感じます。
多産多死が成功のために必要なのは、シリコンバレーから伺える。多産のためには、様々な製造能力とアイディア、そしてチャレンジしてみるという気概。品質などは千差万別だろうが、アクションがなければ始まらないし、アクションの数が多いほどどこかが成功する確率は上がる。
深セン行ってみたくなった
>「かつてのiPhoneやツイッター、インスタグラムなどは、周囲がよく理解できないアイディアから生まれました。そしてよく理解できないハードウェアを、最速で作ってみることができるのが、この深圳なのです」(チームラボ・高須正和氏)

テクノロジーが土地の歴史を書き換えていく速度がいま世界一速いのが深圳なのかも。

「ハッカーと画家」読んでないので読もう
確かに(納得感)。
私見で対抗はイスラエル🇮🇱からと思慮。
私の中ではもう深圳に行くことは決まっていて、問題は時期と誰と行くか。どうせ行くならdeepな深圳を見たい。ここに出てきた「ニコ動〜」のグループに入れて頂けたので、いずれそのツアーにも行きたい。来年はいつあるんだろう。
中国でテクノロジーと言えば、北京の中关村と深圳 。ITに興味がある人は必ず行くべきです、勢いが半端ない
特にIOTでダントツなんですね。一回行ってみたい。
この連載について
中国は「コピー製品の国」から、革新的なものを生み出す「イノベーションの国」になれるのかーー。中国の新興IT企業が次々と生まれている都市・深センを中心として、急成長する、中国デジタル産業の現場をレポートする。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績