新着Pick
605Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
割引価格にいかに納得感を持たせるかと、発送は意外と面倒なのでそれを受け入れられるメリットをいかに訴求できるかだと思います。

下取りサービスはクローゼットの整理ができるので好きです。私もいくつか使っています。

①H&M
圧倒的に上手だと思います。古着を詰めた袋を持っていくと1袋につき500円のチケットをくれるという超シンプルな体系。しかも、袋はどんな大きさでも構いません。2着だけ詰めて持っていっても全然嫌な顔をされません。しかも期間指定なく、いつでも受け取ってくれます。もちろん、古着のブランド指定もありません。
500円チケットを使えるのは3000円ごとなのでH&Mで使おうとするとそんなに大量には使えないのですが、古着を一気に処分したいときはH&Mに持っていきます。

②ワールド
エコロモという下取りキャンペーンを春と秋にやっています。ブランド問わず一着につき1000円のオフチケットがもらえます。汚れていると受け取ってくれないこともあります。
チケットが使えるのは5000円ごとで、期間限定、下取りをした百貨店のワールドの店舗のみになります。個人的に嬉しいのは、アクセサリーのお店でもチケットが使えること。お洋服を何万円分も買うとまたクローゼットを圧迫してしまいますが、アクセサリーであればかさばらずちょっといいものを買うきっかけになります。

③オデットエオディール
ユナイテッドアローズのレディースの靴のブランドです。期間限定で靴とバッグの下取りをしてくれます。ひとつにつき1000円のチケットと交換で、使えるのは購入金額15,000円からだった覚えがあります。
他と比べてそんなに特徴があるわけではないですが、このキャンペーンがあるとお店に古い靴を持って行って新しいものを探してみようかな、という気分になります。まんまと販促されてますね笑

【追記】
Y.Taketoさんのコメントを拝見しました。発送本当に簡単なんですね、ありがとうございます。
これは今までH&Mに持っていってた分が全部ゾゾに流れる可能性が・・・

【さらに追記】
対象は過去にゾゾで買ったお洋服なんですね、何でも下取ってくれるのかと勘違いしていました。よく読めって話です・・・反省です。
ということで、ブランド問わず下取ってくれるH&Mとワールドも並行して使い続けそうです。
一度利用してみてください。めっちゃ簡単です。
売りたい商品を選んで集荷リクエストするだけで、専用バッグが送られてきて、ヤマトの配達員さんが家に来たら売る服をバッグに詰めて渡すだけ。
申し込んだ時点で下取り価格は確定するし、発送の手間はゼロに等しい。
フリマアプリ等のCtoCと違い、ZOZOTOWNが介在することの利用者メリットが体感できます。
(以下、追記)
あと商品購入時の割引として使うのも重要で、下取り金額の振り込み手数料が省けますから、そのメリットが下取り価格に反映されます。
佐藤沙弥さん、とんでもないことです。先輩(上司?)の占部さん譲りの聡明なコメントからいつも勉強させていただいてます。
下取りサービス、各社始めている中でZOZOはZOZOUSEDと連携して下取り価格が即決定されるのが新しいですね。
他にサマリーポケット がやっている、倉庫預かりサービスと販売代行が一緒になったサービスも。これもめちゃ簡単。
http://www.fashionsnap.com/news/2016-11-07/sumally-auctions-yahoo/

簡単に気軽にリサイクルにだせるシステムとしていろんなサービスが始まっています。そろそろクローゼット整理しなきゃ!!
価格にもよりますが「下取り」という制度は助かりますねー。

中古の衣類はそうそう売れませんから。

ゾゾタウンで買ったものに限定することによって固定客を増やす。
上手な戦略だと思います。
もう少し早く始めてくれれば… この間、ゾゾタウンで買った服を含めて数着をオフハウスに売ってしまった。全部で250円だった…
レンタルやリユース、リサイクルのREビジネスはエコの面でも良いですね。利用者の利便性もあり、かつ顧客の囲い込み&USEDの仕入にも繋がって良いですね。
タンス在庫を減らし、
新品の販売に繋げる良い仕組み。
従来の下取りサービスは下取りという名の割引、という認識でしたが、ZOZOTOWNの場合は「ZOZOUSED」で販売される。自社内で完結するのですね。
ちなみに直近の2016年度2Q決算では、ZOZOUSED事業は51億円(前年同期比89.2%増)。
ここに来てファッション(洋服)ビジネスがさらに苦しくなっている。そんな中でのZOZOTOWNがスタートするユーズド対応モデルは注目に値する。家にある滞留在庫を上手に処分できれば、次の消費が可能になり、新しい付加価値や嗜好性、時代の気分をフレッシュに味わえる。実はファッションが厳しくなると、いれかわりに生活雑貨が売れる時代が続いた。しかしカップや皿などの雑貨類もまた、食器棚をいっぱいにしてしまう。こちらもユーズドをリユーズに回すシステムを構築できると、新しい展開が可能になる。
百貨店など、スーツ下取りはよくありますが、多くのブランドを揃えているゾゾだからこそできるサービス。メルカリで売って、服を買うよりも、こちらの方が手間が少ないので流行るかもしれない。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,921 億円

業績