• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アップルはMacを見捨てたのか

319
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • 通信業 Interaction Design Reseacher

    徐々にシフトして行くのは自然なようにも思います。


注目のコメント

  • 暦オタ・ガジェオタ・ミリオタ・時々謎のPro Picer

    SE30以来のMacファンですが、CPUの周波数やコアが変わるたびにアップデートする時代はもう終わったと思いますよ。

    ハードの性能はもう十分。

    これからはiPhone、Apple Watchなどのモバイル機器とどう繋がるかを競う時代です。

    WindowsはPCとモバイルのOSを共通にするという解を示しましたが、AppleはMac OSのiOSはあえて一緒にせず、クラウドやSiriなどの操作性で親和性を高めるというアプローチをとりました。

    その第一弾が6月にリリースされたMacOS Sierraなのです。

    現代のPCでの進化はコアや周波数のアップデートで測るものではなく、モバイルとの連携の向上で図られるものです。
    OSの進化の方向性を見ずして、Macを見捨てたという意見は見当違いだと思いますね。


  • エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表

    見捨てる、というか、すべての人がMacを保有する必要はないという世界にどんどんなっていくということではないでしょうか。文章やコードを家で書かない人にMacもパソコンもいりません。


  • フォトグラファー / メディアリサーチャー

    SurfaceなどWindowsタブレットが最近気になります。
    タブレットの完成度ということならiPadは確かに素晴らしいですが、あくまでも「閲覧」することに重点をおいていて、少しクリエイティブなことをやろうとすると、やや面倒な手順を踏む必要が出てきます。

    AirとProは「帯に短し襷に長し」
    更には無印MacBookがあって、このラインナップは正直微妙。
    いっそのことProは15インチかそれ以上に限定し、AirはSurfaceBookのように取り外せるタブレットPCに向かったほうが良いような...。

    アップルはiOSの呪縛で身動き取れなくなっていますね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか