新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あら、思いっきりウチの名前が出ていますね。

身売りという言葉は何とかして欲しいと思うのですが、それはともかく調剤薬局はM&Aが非常に多い業種の1つなのも事実なのです。

調剤薬局はコンビニを上回る5万3000店近くあり、その業界規模は6兆円以上にのぼります。
これは医薬分業によって一時期新規開店が相次いだ為で、完全にオーバーストア状態なのです。

そんなことが背景になって、ここ数年調剤件数や処方箋枚数の伸び率鈍化が顕著になってきたのですが、更に国策としての薬価差益の縮小と診療報酬の抑制が加わって、将来的に収益の低下が避けられない業界構造になってしまいました。

こうした全体のパイが縮小する業界で必ず起こるのが、多数の企業が急激に大手に統合されていく現象、所謂、業界再編です。
実は、調剤薬局は今現在激しい業界再編の真っ只中にあるわけです。

ただこうした業界再編によるM&Aというのはずっと続くものではありません。
調剤薬局の業界再編は、既に最終段階に差し掛かっていて、恐らくあと3年〜5年くらいで、いくつかの大手薬局を勝ち組とする業界地図が確定するだろうと思います。

中小企業のM&Aというと、後継者難による譲渡がよく取り上げられますが、実はこうした人口減少社会を背景にした業界再編も非常に多いのです。
薬学部を6年制にしたことで、私立薬学部が約3割の定員割れを起こしています。

薬剤師不足の根本には、この愚策が影響しているはずです。
年限を長くして大学教員のポストや大学の経営安定化を進めようとしたツケが、薬剤師不足になっているのです。

法科大学院制度創設によって、法学部の志願者が激減したのと同じ。
今は大学に行かせるだけで大変な時代なのに、乾いた雑巾を絞るようなことをするから無理が来るのです。

少し前には、教育学大学院構想などといったブラックジョークもありました。
いいかげん学生と保護者から搾取するのを止めましょう。

しっかりした教育をすれば、自ずから応募者は増えるはずです。
制度で縛ろうとするのは、本末転倒も甚だしい!
ジェネリックの普及を促進しようとすると、自然に薬局は再編せざるを得ません。と言うのはジェネリックを扱う場合でもブランド品が処方された場合に備えてブランド品と併せて双方を在庫しておく必要があるので、運転資本が嵩むんです。余計にかかる運転資本をジェネリック加算とかお薬手帳の加算なんかで回収する訳だが、処方箋枚数が少ない店舗だとそういう加算もなかなか得にくい。そうなると事業が回らなくなるんですよね。後継者不足も当然あるけど、ジェネリックを扱うには増える運転資本を賄うだけの経営体力や卸に対する交渉力を強める規模が必要な世界になってるんですよね。患者目線で見ても、ここは再編が進むことは基本的にいいことだと思いますよ。
ほんと身売りとかいうネガティヴワードはやめてほしいわ。
医者による薬漬け回避のために、医薬分業を進めるために点数が優遇されてきた調剤薬局も、医薬分業がある程度進みはたと冷静になると、大病院前の門前薬局ばかりで本来期待したようなかかりつけの相談先としての機能を果たしていないということで、単なる調剤に対する点数は減っていく方向にあります
一方で「医療を担ってる」という自負が強い薬剤師さんはサービスを充実させたり、いろいろ重ね売りをしたりというマインドを持ってる人が少なく、なかなか業態としての進化も難しいのが現状
人手不足になれば、「対面での説明」とかにこだわってられなくなり、ロボット化していくのが必然な気がします
ドラッグストアは地域ごとでの再編がかなり進んだ。一方で調剤薬局はまだそこまで進んでいない印象で、トップ企業の売上規模もかなり違う。ドラッグストアと同様になっていくか、共通点・相違点、考えて見ると面白そう。
あまりにも近いのでコメントしにくいですが、、、

善郎さんは天才です。

高校時代から渡米し、フィラデルフィア大学を卒業。ITベンチャー創業に参画し、日本のトップキャピタリストの理解と投資を経て奮闘。経営を日本IBMの社長候補に引き渡しました。

高校時代、マイコンに精通し、日本でドメインが10個もなかったときにdrug.comを取得する魁、先駆者です。

彼が東大医学部門前の老舗を売り渡す反面で医薬プラットフォームのレイヤーで頑張る姿勢を示しています。

記事のような単純な老舗売却ではなく、レイヤー再構築を含む業界構造改革の戦国時代ののろしを上げたように感じます。

この数年会ってませんが、善郎旦那が動くときは、嵐が起こるはずです♪

期待してますよ♪
弊事務所にも、5~10店舗ほどとまとめて売ってください、という依頼は多いです。
今の薬局って、消費者からしたら医者が処方した薬を受け取る場でしかなく、消費者が薬を選ぶとかいうこともないので、

どこか郊外に大きな薬管理倉庫を作って、医者が薬を処方したら自動的にそこから自宅へ配送とかできないのかな

そうすれば、ネットでID化してお薬手帳とかリアルで使いにくい情報管理しなくても一瞬で個人あたりの過去の処方歴の情報管理もできる気がするけど

でもこんなこと誰でも考えそうだから、何かこれができないハードルでもあるのかな
経営はトップ次第。
やる気も能力も無い経営者は、退場願います。
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
1,567 億円

業績

日本調剤株式会社(にほんちょうざい、英:Nihon Chouzai Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、保険調剤薬局チェーン企業。東証一部上場企業。 ウィキペディア
時価総額
606 億円

業績