新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一時期、「長く続く会社が多い国は、いい国だと思う」というコピーのCMが流れていました。生保のCMでしたが、それを見るたび、「そんなことないやろ」と心の中でつっこんでいました。
会社はもともと何か特定の目的を果たすためのビークル。長く続くことが重視されると、存続そのものが目的にすり替わってしまいますし、下手をすれば新しい事業の芽が花開く前に摘んでしまう阻害要因にもなりかねません。本来の役目を終えたらささっと解散するなり、或いは他社に売却するなりした方が、よほど世のためではないでしょうか。
人間は100年先も生きているわけでもないんだから、会社が100年後に生き残っていようといまいと、どうでもいいと思います。
ちなみに100年前の1916年には、トヨタ自動車はおろか、前身の豊田自動織機さえ設立されていないのですね。

ベスト10で純粋に100年前から残っているのはキッコーマンだけ。
前身を含めてもサントリー(鳥居商店ー寿屋)の2社だけです。
(JR東日本、JR東海は戦前は会社じゃなくて純粋に国営(鉄道省)だったのでアウト。)

未来を予測するのがいかに難しいかよくわかりますね。
会社はあくまでも世の中の特定の課題を解決するという事業の目的のために資本と人材を集めて行うプロジェクトでであり、100年続けることが目的ではないので、全くイメージがわかないですね。あと、『日本企業』というのがどういう意味で使われているのか気になります。日本の課題解決にフォーカスしたローカル企業ではなく、グローバル規模の課題を解決する企業でれば当然、資本はもとより、最適なチームを集めていけば社員も多国籍化が進んでいくので、近い将来には『もともとの発祥の一部が日本だった企業』くらいの意味しかなくなると思います。また、将来のホワイトカラーは一つの会社の中ではなく、もっとフレキシブルなプロジェクトベースで仕事をしていくようになるでしょうから、そもそもこの議論すら多くの人には関係の無いものになっているかもしれません。
何だかんだ前職で所属して分かりましたが、リクルートはあの精神が生きている限り業態が変わったとしても生き残る気がします。あの精神は100年経っても引き継いで欲しいです。大好きな言葉「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
日本中央競馬会

あのロマンはおそらくデジタル化できない


追記
豊田家にとって、自動車なんて一事業に過ぎませんからね。
このアンケートの意図って何なんだろう。
100年生き残りそう=事業が安定してそうな会社?変化に強そうな会社?
こんな先行き不透明な社会で、メーカーだらけが上位を占める結果、そんな日本の社会意識に警鐘を鳴らす意図なのかしら。
トヨタは残っているかもしれないが、もはや自動車は作っていない気がする。
100年後のトヨタ見ることが出来なくて残念 マゴに墓前報告してくれと、遺言にするかなぁ
長く続けば良い、わけではない。成長が止まった会社は清算や売却がスムーズに行われるような新陳代謝のシステムが必要。ここが、米国と日本の差だろう。
なかなか面白いアンケートですね。

移動と食品といったIT時代、AI時代でも人間の生活に必要な業種は残るというこでしょうか?それとも100年というのはあくまで例えで単に『長く生き残りそうな会社のイメージ調査』と考えるべきでしょうか?

商品やサービスのコモディティ化、シェア社会、世界的人口の増加、ボーダレス社会、資本主義の終焉などによって、果たして今のような概念の『会社』というものがあるかどうか疑問です。
『Matrix』のような社会になっているのではないでしょうか?

あるいは『Terminator』 のような社会?
リスクモンスター株式会社(Riskmonster.com)は、与信管理支援ASP・クラウドサービスを主に、与信管理に関連するコンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業、教育関連事業を含むその他サービス事業を展開する企業。JASDAQに上場、証券コードは3768。 ウィキペディア
時価総額
89.5 億円

業績