新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私たちがコンサルティングをしてあげましょう。あなたはその代金を払ってください。しかしそのお金は1分後にあなたに返します。その代わり、あなたは自社の株式を私たちに渡してください」とありますが、この手法であればDI側に売上は立つ一方でクライアント側も実質的にキャッシュが減少しません。フィーの付け方次第では実態として非課税で譲渡ができてしまうのではないかと思いますし、税法上どのように解釈されるのかはわかりませんが、よくできた仕組みだとは思います。
なお占部さんが仰るように、事業拡大において多くの資金を必要としないコンサルティングファームが上場する意味は、私もよくわかりません。コンサルティングよりもベンチャー投資のための資金という位置づけなのかと理解していますが、2000年代後半からはベンチャー投資もほぼなさってないようですし。現時点ではコンサルティングの会社というよりはペット保険の会社という印象です。
個人的にはやはりコンサルティングファームが上場する意味が良くわかりません。独立系でやってると資本政策をどうするは大変頭のいたい問題でありその解決策の一つではありますが、逆に言えばそのくらい
さて、中小企業支援ということで株をもらってのベンチャー支援をやっているというのは素晴らしいですし、記事にある通りコンサルティングファーム経営的にはキャッシュフローの問題でなかなかアクセルが踏みにくいところでもあります。
一方で、結局対象としては大企業とベンチャーであり、本当に悩みが深い中堅企業はやはり対象にはなっていない。
CDIでは売上が数百億、数千億前半規模の中堅企業のクライアントが多くなっていますが、例えばオーナー企業も多く、フィーやアウトプットにはシビアな一方、本当に悩んでいるし、意思決定や決めたときの実行も早いということも多く、個人的にはそういう仕事の方が面白かったりします
>「本当にあなたのような知恵がほしいのは、われわれのような中小企業なんだ。ところがあなたは大企業の応援ばかりして、中小企業の応援は全然してくれないじゃないか」

私も大企業、それも海外展開しているグローバル企業がメインのクライアントなので、たまにこのようなことは感じます。大企業にはMBAホルダーとか海外駐在経験者とか普通にいらっしゃるので。

むしろ、大企業よりも本当に我々のことを必要としている方々のために頭に汗をかくことこそ社会貢献であり、それが最終的には国力増強にもなる、と。ただ、我々も慈善事業ではないので、現実的にそれが難しいのが歯痒いところです。
「私たちがコンサルティングをしてあげましょう。あなたはその代金を払ってください。しかしそのお金は1分後にあなたに返します。その代わり、あなたは自社の株式を私たちに渡してください」

これは、コンサルティングの役務提供を現物出資するようなもの。
コンサルティングの価値が現金で測定できて、かつ、クライアントの中小企業が自社のバリュエーションを適切に行えるのであれば、フェアな取引です。しかし、左記のどちらかを当該中小企業が行えないのであれば、素人さんの中小企業から現金のコンサルフィーよりずっと高いフィー(株式価値)を奪取することになるかもしれません
DIさんがなぜ上場に踏み切ったかというところはぜひお聞きしたかったです。外部からあれこれ言われると、自分たちが目指すコンサルティングがしづらくなってしまうのではないかと思います。上場しているコンサルティングファームというのはきわめて稀な存在なので、そのあたりの思想は気になります。夢のある想像をすると、上場を目指すクライアントと同じ立場に身を置くということをされたかったのかな?と思ったりします。
中小企業はキャッシュに困っている。ノウハウを提供する代わりにアセットを交換でもらうというのはいいアイデアですね。流行らない理由はなんだろう?
【追記】
改めてインキュベーション事業を決算書で見てみたら、営業投資で38億ほどあります。よくコンサル事業でIPOする意味は何か?とありますが、これこそがDIの存在意義でしょう。うまく言っているかどうかはともかく。
確かに米国系戦略コンサルティングは法外といってもいいフィーを取るから大企業でないとクライアントになれない。中小・零細企業へのコンサルティングは業務改善など現場のオペレーショナルな個別テーマを限られたフィーの範囲で個人コンサルタントが行うケースが多い。中小・中堅企業に事業のスクラップ&ビルドを含む構えの大きな戦略コンサルティングをまがりなりに提供しているのは、PEファンドやメザニンファンドであろう。「ハンズオンの投資」を標榜し、投資後数年は経営陣と二人三脚で付加価値の創造に尽力する。その発想の延長に、堀さんのドリームインキュベータ―はあるといえるそうだ。原型となるビジネスモデルは、ベイン&カンパニーのパートナーたちが、立ち上げたベインキャピタルにあると思う。投資とコンサルティングの両方を行い、投資の成功確率とキャピタルゲインの絶対額を同時に飛躍的に上げることを目指し、実際に成果を出していった。ただ、本当のベンチャービジネス(=スタートアップ)は、そもそも成功確率が非常に低く、ハンズオン投資が効率よく機能しないケースが多い。堀さんたちが、どの規模、どの成長段階の企業を選択してきたのか、興味がある。
誰にでもあてはまることですが、やはり人の縁があってこその成功ですよね。
コンサルファームが株も持つのはすごく利益相反になる可能性を持っている気がして、ダメだと思うんですよね。金銭的なインセンティブから独立してサービスが提供できなくなる。とはいて、それ以外に方法が無いというのも理解はできますが。
【第17話】「堀さん、あんたは卑怯だ」。BCG日本支社のトップだった堀紘一さんがドリームインキュベータを創業した理由の一つに、ある人から卑怯者呼ばわりされたことがありました。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社ドリームインキュベータ(英語: Dream Incubator Inc.)は、東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング並びに投資事業を行う。堀紘一が2000年(平成12年)に創立。 ウィキペディア
時価総額
151 億円

業績