• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米GE、欧州の3Dプリンター製造2社を買収-計1450億円規模

150
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • 通信業 Interaction Design Reseacher

    3Dプリンティング市場は長期的に見て明らかに伸びますよね。


注目のコメント

  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    ①がGEのリリース先日200億円を航空エンジン用3Dプリンタ使う工場を作るために投資したという記事があった(②)。ただ、今回の買収は3Dプリンタのメーカー。リリース自体では特に書かれていないが、3Dプリンタ自体の外販を自社で手掛けるのか、それとも製造ノウハウの内製化なりを考えているのだろうか。
    ③に買収する一社のSLMの製品記事があったので併せて。King HIDIEさんがコメントされているように、Siemensのお膝元、ドイツの企業。
    http://bit.ly/2c2imL4
    https://newspicks.com/news/1735617?ref=user_100438
    https://newspicks.com/news/699759


  • badge
    K-BRIC&Associates,Ltd 代表取締役社長 兼 プリンシパル

    大量生産をしない重電系の製造現場では、ロットの少ない部品を高額の金型で少量生産する非効率性が未だ存在。またいつ必要か分からない高価な補修部品の在庫と生産リードタイムも問題。だから部材を1つずつ同じコストと時間で作れる3Dプリンティング技術は非常に魅力的。試作でもコストと時間の効果は大きい。全ての製品で効果が出るわけでは無いが、大量生産から単品生産への逆張りはパラダイムシフト。あくまでも技術獲得で自動車部品事業を始める訳では無いでしょう。


  • 早稲田大学客員教授、グロービス経営大学院教員

    GEの強さは、新規ビジネスを既存自社ビジネス以外にも展開する力。金融ビジネスではそのモデルで時価総額世界一を誇った。今回も自社ビジネスをどれだけ越えられるかが鍵で、自社ポートフォリオにない自動車部品を視野に入れているのは注目に値する。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか