np_global_05_1

河原シンスケ氏(1)

【河原シンスケ】パリでアートの仕事をするということ

2016/8/7
今、日本と世界は大きな転換期にある。そんな時代において、世界レベルで飛躍する、新時代の日本人が生まれ始めている。本連載ではビジネス、アート、クリエイティブなど、あらゆる分野で新時代のロールモデルとなりえる「グローバルで響いてる人の頭の中」をフィーチャー。経営ストラテジストの坂之上洋子氏との対談を通じて、各人物の魅力に迫る。第5回のゲストは、アーティストの河原シンスケ氏。80年代初頭よりパリを中心に活動し、エルメス、バカラ、ルイヴィトンなどとコラボレートするクリエータと語る。

第1回:パリでアートの仕事をするということ 
第2回:70歳でも恋愛。フランスの自由な恋愛スタイル
第3回:アートは「動物的勘を試す機会」になる

コネもない状態でひとりでパリに

坂之上:シンスケさんはずっとパリでアートのお仕事をなさっていますが、いままで手がけたなかで一番大きな仕事は何ですか?

河原:うーん。終わった仕事って、すぐ忘れちゃうんですよね。興味があるのは次にやることだから。

坂之上:教えてくれないんだ…(笑)。