新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恐縮ですが頓珍漢な記事ですね♪
1兆円のビジネスを取った後の紆余曲折と日立ならではの頑張りを抜かしたら、ストーリーが完結しません♪
ビッグビジネスを勝ち取ったら、イギリスの安全基準を満たさないことが判明!旧国鉄とクローズドで磨いてきた優れた技術が国際標準を満たさないことが判明!
そこで、日立技術陣と国交省のプロフェッショナルたちが急速挽回!本当に見事でした。
その後、イタリア有数のフィンメッカニカ(日本の三菱重工のようなもの)傘下のアンサルドを買収!欧州戦略を磨きました。
イタリア超特急ETR400を供給する技術力は、ピニンファリーナとフェラーリのブランドに負けない底力ありです。
アンサルド、凄いのです‼
中西さんは、そんなに簡単な買い物じゃなかったとインドで呟いておられましたが、日伊連合は、麺文化つながりで、結構競争力あると確信してます♪
p(^-^)qがんばれー✨
こちら、電車ではなくディーゼル。そういえば、日立のディーゼル鉄道の場合、ディーゼルエンジン部分は自社なのだろうか?どこかから調達しているのだろうか?ディーゼルエンジンの技術は結構メーカーが限られていたはずで、建機であればコマツは自社内製だが、日立建機はいすゞから調達していたはず。
「車両と保守サービスを一体的に提案しており、IEPでは約27年に及ぶ保守サービスも受注した。長期にわたって収入を得られるほか、顧客との取引も継続するため、新たな商機が生まれる可能性も出てくる」
鉄道車両の業界は、日立製作所と川崎重工の2強が国内のマーケットシェアの大半を占めている。海外に生産拠点を構え、海外需要の取り込みを狙っている中であった中では朗報。
なので、
「なぜ日立、なぜ日本の鉄道車両が採用されたのか?」
について、議論したいところです。

昨年にインドネシアの鉄道計画では、中国に負けて失注しています。
インフラ輸出はアベノミクスの戦略の一つでもあるので、しっかり原因分析して、次につなげていきたい。
素晴らしいですが、完全にキャメロンと組んでEU残留キャンペーンの中核になってしまった中西会長は辞任を。政治の読みが甘い。イギリスEU離脱研究所で是非学んでほしいです。
やっぱり日本の車両いいから。
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.89 兆円

業績