tokyo_0726.001

上山信一・慶應義塾大学教授に聞く

橋下・大阪改革のブレーンが語る「東京改革プラン」

2016/7/26
東京は今、改革期を迎えている。では、どんな改革をどう進めればいいのか。その質問をぶつける、ベストな人物が“改革請負人”として知られる上山信一・慶応義塾大学教授だ。上山氏は、運輸省、マッキンゼーの共同経営者を経て、過去10年、ブレーンとして、大阪府・大阪市の改革に携わってきた。新・都知事がやるべき改革、改革のためのゲームプラン、各候補者の評価、橋下徹氏に学ぶ改革のリーダーシップ、東京のポテンシャルなどについて聞いた。

東京は争点をつくりにくい

──今回の都知事選の争点は何ですか?

そもそも、自治体の仕事はとても幅が広いが、その中でも、東京都は少し特殊なところがある。

東京は23区があって、都でカバーする領域と、特別区でカバーする領域の線引きがあいまいだ。

たとえば、待機児童は、東京都全体として大きな問題だし、お金を出す必要があるけれども、基本は区の担当なので、都として直接は何もしていない。こうした、都と区の狭間に落ちるような分野が結構ある。

一方で、都は国政とも密接なところがある。右や左といったイデオロギーの話や、憲法改正、軍事、日中関係といった、都政と直接関係ない話まで持ち込まれてしまう。

つまり、東京都は、国と区という上下の境目がぼやっとしている。都道府県はどこも同じ傾向があるが、東京の場合いっそうぼやっとしている。

もうひとつの東京の特徴は、「お金がある」ということだ。