新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

200Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中途採用市場は「転職したいと考えている」という層にターゲットが絞られているのに対して、新卒採用市場はほぼ全ての人材にアプローチできます。

また、日本の中途採用市場は人材紹介会社が間に立ち、「給与」や「職種」を軸にマッチングされていくことが多いです。一方で新卒採用市場は「給与」や「職種」の重要度が中途採用市場と相対化すると低く、「ビジョン」や「風土」の魅力でマッチングされることがあるので、ベンチャー企業などには中途採用市場に比べると有利な市場です。

一方で、ビズリーチやウォンテッドリーなどの登場により、潜在的な転職意向者にアプローチできるようになる、「ビジョン」や「風土」の魅力が伝えられるようになるなど、中途採用市場にも構造変化が起きつつあります。

ここで語られている「新卒採用論」が旧パラダイムになる可能性は大いにありますね。
そんなに海外を美化する必要もないかと。別に日本だって採用して即戦力になる人もいるし、海外だって採用して即戦力にならない人も山ほどいる。給与の幅も大きいから、優秀ゆえにどんどん転職して給与を上げていく人もいれば、そうならないように給与を上げて引き留める企業もあるし、あとは一般論として雇用も解雇もしやすいから、人が必要だったら採用するので一部の「誰もがほしい層」以外も結構転職を繰り返している。ただ、記事で指摘されているように一定の年齢だけど昇進をしていない人は「しがみついている」という側面もある。
日本において、個人的に「悪慣習」だと思うのが、新卒の給与及び機会。外資やうまくいっているスタートアップは、ここで一部の大企業より高い給与や、多くの機会があることをアピールしている。そして大部分の既卒よりパワーがある新卒を、新卒平均よりは高くてもポテンシャルに比べたら安く採用をし、ブートキャンプ的に実務をやらせる。
一方で、そこで成長すると、もっと別のところでやりたいという意欲が出てくる人も少なくない。結果として、ワークスなどに新卒で入った人が、他のスタートアップに幹部・幹部候補で入ることは少なくないと思う。逆に、新卒としては高いがポテンシャル比安く採用をしているので、中途市場で取ろうとすると市場価値相応の金額が出せていない側面もあるのではないかと思う。
結論、採用戦略として、色々なミスマッチの間を縫って成功しているという点で経営として強いなぁとおもうところではある。
新卒採用に注力なさっている大きな理由が、「日本は中途採用の市場が全然ダメだからです」。

「日本のように、中途採用に苦労する国はありません。なぜなら、市場に優秀な人がいないのですから。そうなると、もう新卒しか優秀な人材を獲得する手段がないんです」

お二人の本音が炸裂します!
でも最近は“できるヤツ”ほどインターンにも行かないし就活もしない、なんてケースが増えてきてる感じ。旧来の採用プロセスではなく、どう人をソーシングし、そして口説いていくか、がキーになるのだと思いました!
電通には中途の方がたくさんいますが、皆さんメチャクチャ優秀ですよ。中途の人の方が、いわゆる電通DNAがある人がいたりもします。

日本の中途市場がイマイチなのはわかりますが、優秀な方はいわゆるエージェントに登録して広くあまねく探すのではなく、行きたい会社に狙い撃ちして受けに来るのではないでしょうか。
誰が見てもいい人は、今の企業でも評価されるので、転職市場に出てこない。結局、自分から口説きにいくしかないということですね。
『私は創業当初から、自分は社長というよりは採用部長だと認識し、そのような時間の使い方をしてきました。具体的には、とにかくたくさんの学生に会い、自分の思いを語り、自分のキャラを知ってもらう。』
→トップが率先して採用に取り組む会社は強いですね。
たくさんの学生に直接会って「自分の思い」を語り、「自分のキャラ」を知ってもらう。トップでこれをやられている方は、学生に対してだけではなく、社員に対してもやられているのだと推察します。手間は非常にかかりますが、組織を強くするために大事なことだと思います。
「ず抜けてできるとカテゴライズされる人の中にも、本人がそのことに気づいていない場合がたくさんあります。自分は、ただ単に勉強ができるだけだ、と。」
これは分かります。なるほど。そういう人に自分に自信を持ってもらうためのインターンなんですね。
海外の学生は、とても自分に自信があるように見えます。それは、大学に入るもっと前の段階から、こういう体験を重ねてきているからでしょうかね。
“できないヤツ”が転職する?
たしかに。優秀な「人材は転職サイトに登録して応募して説明会に行って面接へ」なんてやらないですね。それこそすぐ一本釣りされて中途市場から消える。

逆に言えば転職サイトは退職したくて他にいいとこ無いかなあと青い鳥を探してる人が多い印象がある。

流動性が高くなっても中途のマーケットはこれからもそう変わりはしないだろうなと予想します。
↓ 転職経験者としてグサッと来ました…。が、おっしゃる通りと感じます。

「ところが日本の雇用慣行では、一流企業にいる人材はなかなか転職しないのに、「海外の優秀な人材はガンガン転職するんですよ」とあおったんですね。その結果、向こうだったら会社にしがみついているような人が影響されて、どんどん転職するようになった。」

↓ すでにある信用力をテコにした効果的な方法と感じます。私自身も無意識にそうカテゴライズしていました。

「僕らはちょっとずるいやり方ですが、初期の頃は、リンクアンドモチベーションはリクルートとひとくくりの会社だという認識つくりをしました。

リクルート出身者による、リクルートよりリクルートらしいコンサルティングをやっている会社だ、と。

すると、学生たちの“心の整理棚”の中で、我が社がリクルートの隣にすっと入る。こうして、あえて最終的にリクルートとバッティングするようにしておけば、最後の“勝ち方”だけ決めておけば、勝てるんです。」
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。