新着Pick
702Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アンクル・サフ氏は、2006年にGSがSMBC等と三洋電機の3000億円の増資を引き受け、パナソニックに売却する形でEXITした案件も担当していた。
きっと大西さんがコメントされるだろうと思っていた。三洋電機について、金融機関が恨むべきなのか、そもそも金融機関に頼らざるを得ない状況になったその前の経営陣が恨むべきなのか。内部者か外部者含めて、どういうポジションで接したか含めて見方は大きく変わるだろう。
記事が一方的な見方なので、バランスをとるために三洋電機について知ることも重要だと思うし、一方で三洋電機の事例の側から見ればUSJやeAccess・E-mobileなどの成功事例もあるという点も重要だと思う。特に金融の社会的意義を必要なところに資金供給をすることだと個人的には思っているので、リスクキャピタルを提供したという事実には敬意を表したい。リスクキャピタルなのだから、当然失敗する投資もあるし、成功する投資もある。だから両側を見ることが重要。
ハゲタカ、短期のマネーゲームというイメージが強い外銀とかファンドも、経済合理性があえばむしろ長期投資になるし、大きな事業再生や成長支援になることはもっと知られてもいいと感じます
もちろん、良くも悪くもお金に忠実であり感情はないので、時としては暖かく、時としては非情、残酷
非情な目にあうのはそこまで追い込まれた方に原因があることが多そうですが
GS時代(特にジュニア時代)には、アンクルのディールチームとして多くの案件を担当しました。アンクルは私に米国流交渉戦略を教えてくれた師匠の一人です。GSパートナーs(アンクルなど)から学んだ第一級の交渉術は、企業買収に限らず、様々な局面で今でも参考にしています。彼らならどういう遣り方をするかなあ、と常に考えながら、各種交渉戦略を練っています
USJが蘇ったのは、USJ自身の努力によるものと考えていますが、投資する目はかなり鋭いのは確かです。

しかし同社Managing Directorをかなりの多くの人数抱えていますので、「GSのどのMDと付き合うか?」かが重要になります。
優秀な社員がたくさんいるからねぇ
あ、僕の遊び仲間のアンクルだ。実はアンクルって、偉いんだよね。(^^)
大石 宗一郎さんのコメントで気づいたけど、
背景の写真は赤坂溜池タワーの13階ですね。
(旧GSオフィス ⇒ ワークスアプリケーションズのセミナー会場)
日本ではイメージの悪い投資銀行ですが、事例を見ればその機能のポジティブな面も一目瞭然。
合同会社ユー・エス・ジェイ(英文商号:USJ LLC. )は、ハリウッド映画のテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社。大阪市此花区に本社を置く。 ウィキペディア

業績

ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
8.44 兆円

業績