新着Pick
413Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その分別のメディアやコミュニケーション手段に費やす時間は減っているわけだ。
しかもこれはFB関連ソフトだけ。LINEとか、PCとかもっともっと時間を取るものはいっぱいあるよね…
人々がSNSに費やす時間がどんどん増えているようです。
実際、仕事をしていても食事をしていても、ひっそりとラインを見ている人がいるそうです。
双方向性の恐ろしさは、自分が参加していないことが他者にするわかること。

このような関係が延々と時間を食べてしまうのでしょうか?
それとも、一定の臨界点に達したら「SNS疲れ」で全てを断ち切ってしまうのでしょうか?

今後の成り行きに関心があります。
プライベート利用も増えているのだと思いますが、個人的な経験ではFacebook等を通じて仕事の依頼を頂くこともあります。メールよりも気軽にやり取りができるという点で、SNSをファーストコンタクトツールとして利用している人も増えているのではないでしょうか。
情報収集&コミュニケーション。この両方は現代の人間の活動で欠かせないツールなので、一番の方法がそろったSNSならではの納得の報告。
日本だとLINEが強いので、世界平均の中ではもう少し少なくなるイメージになるとは思いますが。

予想ではありますが、テレビつけながら、、、のながら使いも多いのではないでしょうか?

日本においては、ですが、都市部を中心に電車通勤が長いのもSNS利用時間に寄与しているでしょう。
SNSもメッセージツールもゲームも動画配信サービスも、ユーザーの可処分時間を奪い合っているという点では同じ。ビジネスモデルやサービス形態の違いによる細かな分類で想定する競合を限定していると、大局を見失います。
直接的であれ間接的であれ可処分時間をお金に換えているという点では、敢えて皮肉な言い方をすると売っている「商品」はプロダクトではなく利用している人。プロダクトを作る「原料」もまた人であることを思うと、どこまでも人間くさいビジネスだなと感じます。
意外に少ないという印象。米国ではLINEはあまり利用がないし、そもそも「仲間はずれ」が気になるのは10代まで。その代わり、スマホのテキストメッセージがはんぱではない。ソーシャルメディアよりも、FBメッセンジャーよりも、テキストに答えている時間が多い。少し前に一カ月に5000本のテキストを打って、腱鞘炎になった女子の話が有名になった。

テキストなら、電話と異なり、迷惑にならないということだが、電話したほうが早いときも!
挿絵が秀逸😂

私は
Twitter>>>NP>>LINE>FB,Insta>messenger
かな〜。SNS依存よくない。。。
自分も50分使っているかも。

Facebookの利用頻度は少ないのですが、Messengerは公私ともに使う機会が多い。最近ではビジネスシーンでも、クライアントから「メールではなくMessengerで連絡ください。」と言われることもあります。(しかし仕事では職務規定上使えないのです)

Instagramは自分の趣味をオフタイムにハッシュタグで追いかけたりしています。

これでFacebookもやっていたら、50分以上時間を浪費するだろうなぁ。
たいしたもんだ
このKPIは分かりやすくていいですね。
そのまま広告効果を評価できるKPI。

他にもFBはコンテンツを見るスクロールの時間を測定していてコンテンツ単位に滞在してる時間がわかってると聞いた事ありますが、それ以外にも多くのKPIがありそう。