新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を執筆した川端です。カントリーレポートをリニューアルして再開します。以前のバージョンよりも、国を理解するためのストーリーを重視しています。

本日は予告編の公開です。ベトナムは歴史のある国ですが、現在の「ベトナム社会主義共和国」となったのは、ベトナム戦争後の1976年。そして、その後もしばらくカンボジア侵攻など、戦争に明け暮れた国ですが、1990年代から国際社会へ復帰。そこから経済成長へ。紆余曲折もありましたが、まだこれからの国です。

明日公開する第1回は、写真とグラフを活用したスライド形式でベトナムをみていきます。本リポートで使用する写真は、私が現地で撮影したものが殆どです。
ベトナム人は人懐こくて、マジメで細かい作業もお手の物。その上、国自体が親日国で、日本語を第二外国語にまでしてくれる国。同じように中国と領土問題で苦労してます。TPPという経済面だけではなく、政治、外交、文化面もベトナムとの結びつきを強化していって欲しいなぁ、と思っています。
これまた楽しみな連載。ASEANのポテンシャルを感じるのであれば、今行ってほしい都市はベトナムのホーチミンと、インドネシアのジャカルタ、フィリピンのマニラの3つ。この3都市の中でも最も未成熟で、それゆえに最もポテンシャルを感じるのがホーチミン。写真ではあのバイクの山の迫力が中々伝わらないから、ぜひ現地を訪れてほしい。
ASEAN関連のレポートは以前から安定的に内容が濃いので今回も期待しています。
TPPで最大の恩恵を受けると言われているが、タイの方がずっとコストが下がっていて関税がなくなるとベトナムで生産する意味がなくなる、という話もある。そのあたりを知りたいのでとても楽しみ。
先日卒業した大学院はベトナムとの繋がりが強く、ハノイ大学やハノイ外国語大学からの留学生が多い。

将来的にベトナムにもアメリカンフットボールを広めて行きたいな。
これをきっかけにベトナム株投資を考えようかな。楽しみな連載です。