iStock_000084981917_Large

自らをメディア化し社会と向きあう

【落合陽一】なぜ、僕は21世紀を「魔法の世紀」と呼ぶのか

2016/2/8
本日より、“現代の魔法使い” とも呼ばれる落合陽一氏がプロピッカーに参画することとなった。昨年刊行された著書『魔法の世紀』も大ヒット中の落合氏が今最も注目していることとは? NewsPicks編集部は落合氏に寄稿を依頼した。
コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせ、物理世界をハックする作品や研究で知られる。2015年より筑波大学助教・デジタルネイチャー研究室主宰。研究室では、デジタルとアナログ、リアルとバーチャルの区別を超えた新たな自然「デジタルネイチャー」を科学し、哲学し、実装することで未来を目指している。14年にはCG Channel(有名CGサイト)が選ぶBest SIGGRAPH論文にも選ばれ、アート部門、研究部門のプレスカバー作品をひとりで独占した。BBCやディスカバリーなど世界各国のメディアに取り上げられ、国内外で受賞多数。研究動画の総再生数は380万回を超え、近頃ではテレビやバラエティ、コメンテーターなど活動の幅を広げている

コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせ、物理世界をハックする作品や研究で知られる。2015年より筑波大学助教・デジタルネイチャー研究室主宰。研究室では、デジタルとアナログ、リアルとバーチャルの区別を超えた新たな自然「デジタルネイチャー」を科学し、哲学し、実装することで未来を目指している。14年にはCG Channel(有名CGサイト)が選ぶBest SIGGRAPH論文にも選ばれ、アート部門、研究部門のプレスカバー作品をひとりで独占した。BBCやディスカバリーなど世界各国のメディアに取り上げられ、国内外で受賞多数。研究動画の総再生数は380万回を超え、近頃ではテレビやバラエティ、コメンテーターなど活動の幅を広げている

1.はじめに

こんにちは、落合陽一です。初めましての方は初めまして、テレビで見たことあるな、という方はこの記事を読んで落合が大体どういう人間なのかということをわかっていただけたらなと思います。

普段は筑波大で助教としてデジタルネイチャー研究室という研究室を主催しているほか、メディアアーティストとして作品をつくっていたり、研究の社会実装として会社を起こしたりしています。今回は僕が研究や表現のときに使っているデジタルネイチャーという概念や、今後の世界の行方を考える上で参考になるであろう「映像と魔法」のパラダイムなどについてお読みいただければと思います.
 落合1

僕の目指している世界は「20世紀的映像のパラダイム」の次に来る世界のことです。僕は、20世紀を映像の世紀と呼んでいますが、21世紀はそれを超えた魔法の世紀だと思っています。なんだそれは?! と思うかもしれませんが、短い記事なので最後までお付き合いください。

2.映像というパラダイムを超えて

19世紀末、エジソンやリュミエール兄弟によって映像装置が発明され、人類はイメージと時間を共有することが可能になりました。映像自体が社会的なパラダイムだと思っている方はさほど多くないでしょうが、20世紀的映像コミュニケーションはいくつかの様式を決定しました。
 落合2

何かの仕組みに発信者がいて受信者がいること、皆で消費できるコンテンツがあり、それを提供するメディアがあること、そして、2次元的なイメージをベースとしたコミュニケーションがあり、それが虚構的なお話を生み出すことなどがあります。

たとえば、テレビというメディアについて考えてみてください。

テレビはテレビ局からほぼ一方向的に番組が発信され、バラエティ番組やニュース番組などのコンテンツがあり、それは電波によって伝えられテレビスクリーンというメディアによって映し出される。