プレステVRを体験して感じた可能性と課題

2015/11/20
読者に伝えたい3つのポイント
・VRは確実に新しいゲーム体験を提供する
・VRにより、ゲーム業界と映画業界の距離が縮む
・安売りせず、UXで勝負するのが普及のカギ
確実に新しいゲーム体験
本稿では、従来とは趣向を変えて、ユーザー目線とアナリスト目線を融合させた視点から「PlayStation VR(PS VR)の可能性」を分析してみたい。
ソニー・コンピューターエンターテイメント(SCE)ワールドワイド・スタジオプレジデントの吉田修平氏(プレステのキーマンが語る「VRはプレステ史上最大の『大ネタ』」)と同社エグゼクティブ・バイス・プレジデントの伊藤雅康氏にインタビュー後、SCEの社員さんが同様に体験している中、初めてPS VRに触れさせてもらった。
今回体験することができた試作ゲームは──私が勝手に分類すると──アクション、シューティング、映像の3種類だった。
結論から言うと、PS VRは確実に新しいゲーム体験だと言える。ただし、今後の普及を考えるといくつか言いたいこともあり、順を追って述べていきたいと思う。