新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

65Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私もハイクオリティのVRゲームを体感しましたが、やはり体験がやばい。ホラー系などはトラウマレベルの怖さです(^^;)

Oculusは動きも母艦のWindowsPCのスペックが要求されるので、多くの販売につながりにくいですが、PSVRは母艦の問題がクリアできてるので、期待です。

あと、ワイヤー。個人的にはあまり気にしてません。当然HMDなので、歩いたり横に動いたりは危険で、首と少し体を開店させるくらい。ケーブルの長さで解決できるかと。

ちなみに松本さんはじめ多くの方が懸念されている近視の方のメガネ問題は、投影される映像が至近距離なので、超絶近眼でなければ、メガネを外した方が見やすいです。
老眼の方は、、(^^;)
エースコンバットとかアサシンクリードとかをVRでプレイできたらすごそうです。タマヒュンどころの騒ぎではない。個人的に期待するのはマジカルミライのような音楽ライブです。
テレビでタレントだけが参加するゲームショーの放送→観た人が自分もやってみたいと思う→けれどやれない→ゲームで疑似体験。という流れにも最適。その逆算でコンテンツを創れる。逃走中や戦闘中は途中からその逆算も込で創ってました。疑似体験という意味ではVRなら再現性が高まるので一層魅力的。VRでのゲーム化マネタイズを前提とした新しいゲームショーを創りたいな。。誰かやらせてくれないかな。
ワイヤードに関してはいろいろ意見はありそうですが、私も初めに体験するまでは大きく気には止めていませんでしたが、実際目にするとやはり気になってしまいました。あと、これは今回ゲームでテイクオフした後の話として、マスに普及させることを考えればやはり線はない方が良いと思います。携帯電話に線がついていたらここまで普及しませんでしたよね。
ワイヤードなのがなぁ。ワイヤレスさえ実現できればだいぶ普及度が違ってくると思うんだけど、まだまだ先になりそうかな。
2つ前くらいの記事に、いくつかのデメリットについてコメントしたのですが、それへの解答が書かれていますね。
やはり没入してしまっている状態はあまり他人からは見られたくない感じになってしまう印象ですね。また、眼鏡ユーザーには少し優しくないというところでしょうか。それ用のレンズを入れられるようになっていてもいいかもしれません。
やはり、HMDは個人的な体験であるという部分がどう受容されていくのかという話になりそうな気がします。
体験してみると、その臨場感は圧巻です。
しかし、どこまで消費者がその体験にお金をかけられるか。それはVRに限らず、スマートウォッチとかとも変わらない問題なのかなとも。
確実にゲームを変えそうな技術なんですね、コメントからの想像ですが、コメントがそのくらいのインパクトですね。ビデオもネットもエロから普及したように、このエリアもそれに近いものがあるだろうな。
ゲームは専門外ですが、VRは非常に大きな可能性を持つ技術だと思います。
自由な発想と市場規模とユーザー特性からいって、いろいろなやり方、使い方を試すのにゲームは最適な市場。