新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

113Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
クラウドにしても物流にしても社会のインフラというか、裏方というか、一見地味ですが国レベルの効率化を考えれば非常に重要な要素です。そこを技術で根底から変えてやろうとしている様子が透けて見えてくるアマゾンはスケールの大きいことを優先的に取り組んでやろうとしている姿勢が見えてきます。最終的に米国経済の効率化になるくらいのインパクトもあるかもしれません今回は、未来の話なので、ピッカーの皆さんがあれこれ発想を拡散して将来に備えるきっかけになればと思い書いてみました。企業をみてもしっかりした企業ほど未来予測チームがいるものです(予測が当たっているかどうかの検証は詳細にはできないですが)。日本企業にもそうしたインテリジェンスチームのある企業がいろいろと出てくると企業としてより強くなると思います。
人を用いない物流・配送網の確立をゴールとし、自社内で出来る所からTryしてみるという発想はあるだろう。B2Bの今後のビジネスの在り方として、社内コスト削減に向け徹底的にテクノロジーを使うことはNo regretの動き。そして、あわよくば外販サービスにしていく。

このアプローチは、B2Bビジネスに取り組んでいる企業は、現在社内プロジェクトを積極的に進めている。これはアマゾンのAWSモデルをみて、このアプローチが確かに早いし、リスクがないと認識したということ。かつては、お客様のショーケースを探して共同研究をしていたが、まだサービスがないものをお客様社内の稟議を通すことが困難。だったら、自社内でという発想だ。

B2Cのイノベーションが10年間起きてきた。今後はB2Bのイノベーションの時代が来る。
グローバルな配送業としてみるとヤマトホールディングスに近い規模なのか。だとしたら自動運転とドローンで配送業参入もなくはないシナリオだな
現状で配送事業を取り込むことはないと考えます。
規模拡大に伴うコストとリスクが大きすぎます。
タテ型組織からヨコ型の水平分業こそがネット企業の強みですから。

グラフで見る限り、売上高比率はそれほど増加しているようには見えません。
現状をあれこれ工夫することによって、当面はしのげるでしょう。
自動運転やドローンによる配送革命が起きれば別でしょうが・・・。
(くだらないコメントです)頼むので私のうちに突っ込んできたり、窓から中を撮影しないで欲しい(見られて困るものは無いが)。
戸配先で各社のドローンがはちあわせし、ダチョウ倶楽部のように「どうぞどうぞ」とやってるのではないか。
物流コストの重さや課題はその通りと思うが、自動運転にしてもドローンにしても、アマゾン一社でどうにかできるものでなく、よく指摘されるように「社会インフラの問題。その意味では、自分が知らないだけかもですが、アマゾンの国への影響度というところがあまり見えないのは気になりますね。アメリカではロビイングしてるんでしょうかね。国も巻き込み、社会環境整備をしていくべき段階に来ている気はします
結局、低空域という、いま「空いているところ」のデファクト争い。
発想はクラウドを同じ。
ドローンや自動運転車もいずれ大きな要因となってくるでしょうが、目先はUberなどシェアサービスを配送にどのように取り込んでいくかが最も重要ですね。
現実論として泉田さんが書かれているような自動運転車だと思う。特に「自動車」とは違う、先日Pickした下記のような低速のものが現実的だと思う。
ヤマトなど物流企業が取り組む可能性もあるかなとも思ったが、物流企業は現時点での雇用があり、そこからの反発が大きそう。そこを自前で持っていないAmazonのほうが手がけやすいと思う。あとは、これをポストなどとのインフラと上手くつなげられるかで、例えば宅配ボックスの規格共通化(電源機能なども)などは、これからしばらく論点になろう。あと、生鮮とかまで考えると、時間指定して自分で受け取ったり冷蔵機能付きの宅配ボックスを自前で持っていれば安く、置いていく(=冷蔵機能付きのボックスごと置いていく)場合は追加料金とかすることは可能かも。
https://newspicks.com/news/1235694?ref=user_100438
amazonがC2Cの配送ビジネスプラットフォーマーになるアイデアのほうが面白いような…と感じました。
この連載について
1995年、書籍のeコマースからスタートしたアマゾン・ドット・コムは、20年の時を経て、売上高10兆円を超える巨大企業へと成長した。eコマースは、衣服、家電、食料品、医薬品、コンテンツなどあらゆる領域に広がり、クラウド、広告、ドローン、ロボット、動画制作などの分野でも存在を拡大している。アマゾンは、日本でもあらゆる業界を席巻していくのか。各分野の日本のトッププレーヤーたちはアマゾンに勝てるのか。業界別に競争の行方を占う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。米国の一部地域においては、ネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業も展開している。 ウィキペディア
時価総額
63.7 兆円

業績