新着Pick
74Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
あらら。とても長いわりに結局言っているのは「過酷な労働実態があり経営のアキレス腱である」ということのみ。それもソースは話題になったWSJの記事だったりしてあとはユニクロからの類推。ユニクロに至っては本論と関係ない完全な「巻き込まれ事故」
編集部さんへの苦言ですが、やはり15回シリーズで特集組むのはどうしても無理が生じるのでやめた方がいいように思います
毎回「ひねり出すのに苦労したんだろうなあ」というコンテンツがありクオリティが下がってる気がします
アマゾンとユニクロを深く取材してきた横田氏ならではの視点。ともに効率化がうまくて、秘密主義。
ここまでは在庫のリアルタイム可視化と物流効率化を追求することが価値だったということ。でも、前の柳井さんの記事にあったように、

「デジタル技術は今、驚異的な速さで産業界に変革をもたらしている。製造業、小売業といった業種の境い目が消滅する形で生産、物流、販売が進化している。今後2年間のマーケティングの変化は過去半世紀を上回る」

「単にネットで注文するだけではない。将来的には、顧客が独自デザインの衣料品の画像をネットで送ると、その製品を瞬時に工場で生産し、即日宅配するといったサービスの導入も検討している。」

となると、もう今の論点とかは、数年後には全く議論になっていないと思う。
https://newspicks.com/news/1205282
少し、極端すぎる論評もありますが、示唆もあります。それにしても、「業界標準では書籍の返品率は4割なのに、アマゾンは一桁台にまで下げられています」ことがすごい。まぁ、これだけ外部要因が変化していても、従来のやり方をただ繰り返してきた出版社、取り次ぎ、書店が駄目すぎるのかもしれませんが。
アマゾンに死角があるとすれば確かに、配送企業からの反乱、というか配送網がパンクする、というのは現実問題としてありそう。今まで当たり前のように届きすぎた。消費税アップなどの駆け込み需要によるピークにどこまで対応できるのか。
今回の宅配に関する考察は完全に同意。

コンビニでの受け取りやドローンはあくまで一つのオプションでしかなく、流れを大きく変えるソリューションではないと思う。

Amazonも大手宅配会社に頼らない物流網を構築しようとはしてるんだろうけど、なかなか難しい道のりだと思う
AmazonとUNIQLOの成功ポイント=会員数の量と質×在庫管理の量と質×物流網の広さと質。

それぞれのKPIを追求していくとアウトソーシングする物流のところに負荷がかかりやすい。
セブンイレブンやヨドバシカメラは自社配送できる点がAmazonとは異なる。
実店舗と自社物流の仕組みがAmazonと差別化はかるためには必要になってくると解釈。

紹介されてる本読んでみようと思います!
「黙って働け」なとこでは仕事したくないな。おそらく、自分が何すればいいのか、わからなくなる。
この連載について
1995年、書籍のeコマースからスタートしたアマゾン・ドット・コムは、20年の時を経て、売上高10兆円を超える巨大企業へと成長した。eコマースは、衣服、家電、食料品、医薬品、コンテンツなどあらゆる領域に広がり、クラウド、広告、ドローン、ロボット、動画制作などの分野でも存在を拡大している。アマゾンは、日本でもあらゆる業界を席巻していくのか。各分野の日本のトッププレーヤーたちはアマゾンに勝てるのか。業界別に競争の行方を占う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.01 兆円

業績