新着Pick
116Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
【m3.com×NewsPicks共同企画「医療の未来、医師のリアル」【Vol.4】】がんは放置すべき、抗がん剤は毒だ、検診による早期発見のメリットはない──「がん放置療法」を提唱する近藤誠氏。その理論についてNewsPicks読者の58%が聞くべき点があると回答したのに対し、医師でそう答えた人は3割程度に留まりました。賛成と回答した人はわずか3%です。その理由に迫ります。
まあ妥当な結果ですね。
近藤理論は「つっこみどころだらけ」ですので、「叩く快楽」にあふれています。叩いてもこっちは傷を負わないので。
ただ、なぜ近藤理論があれだけ大衆の心を捉えてしまうかは叩いただけでは分かりません。このあたりを分析するのが「叩く」の次の段階なんじゃないかなと思います。
この話は、財政問題とは切り離して議論したい。あくまで、人間としてどう最後を過ごしたいか?という話だ。

難しく考えなければ、病院に入らずに、日常生活が出来るようになるのであれば、手術もあり。だけど、病院で生活するだけになるのであれば、手術はしたくないというのが、一般的な認識ではないか?これくらいの普通感覚をスタートに、手術可否を医師と家族で決めれる選択権は欲しい。
賛成の3%についてはもう何も言わない。。。むしろ,問題なのは「聞くべき点もある」の32%だ.コメントを見ると,単に過剰な延命を避けるべきという話をしている(これは少なからぬ専門家も同意だろう)だけで,これは「近藤理論」のコア部分とは関係ない.何につけ寛容っぽい姿勢をとるというのは処世としては確かに楽だけど,ダメなモノはダメと言わないと.
まず、それぞれの回答者が、「近藤誠の著作を何冊読んだか」、「近藤誠理論への批判本を何冊読んだか」、「根拠とされている論文にどれだけ自ら当たったか」というのを知りたい。
その結果次第で、本記事の意味することは大きく変わりうると思う。

その上で、医師の中で「聞くべき点もある」とする回答がこれだけあるというのは、興味深い。これについても、近藤氏が論文を引用する体裁でもっともらしく理論武装しているからだ、という批判はあるが……
結局のところ、批判本も多く出ていることなので、一般人側としては両方読んで、自分の頭で考えるしかないのだと思う。
自由意志で97%ということは、あり得る上限の数字だと思います。
私は父を肺がんでなくしています。Stage4、原発は数センチなのに、脳に転移していて、何もできない、と最初の病院で言われた時の絶望感はひどかった。その後転院し、半年の闘病を経てなくなりますが、その後も、家族も本人のこうしてほしい、とおもっても、そのような治療がしてもらえない状況が、つらかったものです。
近藤理論も行きすぎだと思いますが、今の医療のエビデンスに基づく治療が画一的すぎるのも確か。どのようにガンに向き合うかについて患者が思うように決められる時代が来ることを切に求めます。
「がんは放置せよ」という過激な意見に対して、多くの医師が受け入れないというのは当然でしょう。自らの存在の否定になってしまいます。

一方で、「聞くべき点もある」と回答した医師が1/3もいるというのはかなり驚きです。

治療法、健康診断の双方において、日本が諸外国と大きくアプローチが違うという話もよく聞きます。中立な立場の方の意見や検証をぜひ聞きたいものです。そうした情報開示の上で、どう考えたらいいのか、双方の立場の説明を聞きたいと思います。

そして最終的にはこれは生き方であり、価値観の問題です。メリット・デメリットをきちんと知った上で、最後は自分で判断するしかないわけです。その意味でも、正確にメリット・デメリットを知ること、開示することが重要ですね。
これは良アンケート。異論を全否定「しない」科学的スタンスが、一般的な生活者の「誤解」を招いていると考えるとするなら、こうしたアンケート調査は専門知識を十分にもたない市民の判断を強力に支援する
現在身内が末期がんで抗がん治療を受けている。
副作用に苦しむ様子、それが理由で長引く入院。そういうものを見ているとツライのだが、では放置していれば良いのかと問われれば、決してイエスとは言えない。完治の望みがないとわかっていても、わずかな望みにすがりたいのが患者本人と家族の気持ちだろう。

でも治療を否定して放置を勧める態度は全く理解できない。
放置というのは選択肢の一つでしかない。それを決めるのは患者自身だ。