新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジタル化、情報化の影響を考えるときに大事な視点だと思います。好むと好まざるに関わらず「コンビニ化」の流れは進んでいくと思いますが。

吉本隆明の「家族のゆくえ」にある一節を思い出します。

"家族の経営も健全化も、もし本気で腰を入れれば、政治や社会の国家的経営と同じように「男子一生の事業」を要求する。それを忘れて、家族問題を見くびるわけにいかないものだ。事の大小も、重要さも変わらない。"
このおっさんはコンビニの歴史の何を知ってるというのだ。
小野寺さんと全く同じ感想を持ちました。タイトルを読んで想像していた内容と全然違いびっくりしました。

テレクラは知らなかったですが、この記事を読んでわかるようなわからないようなです。いまいちイメージがわきません。援交もテレビで見聞きする程度だったのでよく実情がわからないです。むしろコンビニと並列で語られていることに驚きました。歴史を感じました。

今はスマホでそれぞれが書籍や新聞を読んだり、メールや電話やSNSでコミュニケーションをとったり、ゲームをしたり、買い物したり個々で行えます。スマホは皆で観るのには画面が小さいですしね。

コンビニ同様、一人の便利さが自分以外の人間とのリアルでの関わりを煩わしいと感じさせているのであれば今後社会に与える影響も心配な面もあります。反面スマホのおかげで生まれる絆もあると思います。
コンビニは今や多くの人の生活を支えていると思いますので、ぜひ健康面に配慮した食品やより便利なサービスがうけられるようになることを期待しています。
宮台さんなりに庶民に分かりやすいレッテルを作って理解を促進しようという努力をされているんでしょうね。まあ半分くらい庶民をバカにしてる感がアリアリですが。それが「コンビニ化」で「テレクラ」で「援交」なんですよ。お前らはこうすれば解りやすいだろと。

この記事でも、論証のプロセスは至極オーソドックスに過去の経緯という「歴史」を紐解いて、大きな流れを掴もうとしています。特に人間の個人や集団の性向を推し量るには、人間として社会にどっぷりと漬かっていては正確な計量ができなくなるから、社会と一定の距離感を保とうという態度の現れが「バカにする」という姿勢なんだと僕は理解してます。

で、「コンビニ化」の話ですが、それらしい文句を作るとすると「コミュニティインフラのオートマタ化」だと思います。
コミュニティというのは元来、人間の脳みそにある生体構造から発生した人間の本能の現れだと考えられてきましたが、生存条件が向上する中で、コミュニティ自体が人間の本能に依拠しないよう定型化・一般化していって独立した一つのアルゴリズム、いわゆるオートマタ(自動人形)になってきたという事じゃないかと。

ただし、この源にあるのは資本がより高い利潤を求める仕組みです。共産主義が崩壊して久しいですが、共産主義の社会では、高い利潤を求める資本の圧力が社会に発生しないため、社会はそのシステムをアップグレードする必要性も持たなかったので、インフラの発展もありませんでした。

最近はシンギュラリティの話題もリアリティが出てきましたが、僕はシンギュラリティを起こす強い人工知性は、開発されるのではなく、こうしたインフラから自然発生してくる可能性を考慮に入れるべきだと考えてます。
ロジカルな思考は開発されたアルゴリズムに依拠するでしょうが、感情は恐らく人間が喜怒哀楽をログに残すコミュニティで生まれるんじゃないかと。
そのうち物流が発達して、富山の薬売り方式で自宅がコンビニになるよ
コンビニの進化と社会の変遷を時系列で語っただけじゃ。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.65 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.10 兆円

業績